自分という人間を肯定するのも否定するのも自分次第だということ

どうも、2.5理由です。

この前の週末に職場の先輩とその友達、自分を含めた計4人でスナック?的なところに行って来ました。

そこで自分を肯定できるのも否定してしまうのも自分次第何だな〜となぜかスナックで思ってしまったので紹介します。

なんでこんな事スナックで考えることになったんだかw

自己評価の低い人とか自信ない人には共感できる部分だけあるから共感してほしいな!

初めてスナック的なとこに来て

職場の先輩とその友人2人、後俺を含めた4人でスナックでお酒を飲んでいました。

本当は行く気なかったのですが、普段仕事で良くしてもらっている人だったので行ってもいいかと思いついていきました。

でも俺、お酒飲めないんですよねー

元々お酒が強い方じゃない上に、中、高校生の頃から酔っ払いの態度や酒の臭さが大っ嫌いで俺はこうなりたくないと思っていてお酒をほとんど飲まなかったため今の自分がいます。

まぁ飲めなくはないので始めの乾杯のビール1杯以外はコーラもらっていました。

みんなに言われたこと

そんな感じてあまり酔うことはなかった俺とは引換に回りが徐々に酔ってきて話が弾むようになり話の話題が俺に来た。

お前って本当に何も楽しみないよな、ホント。

そう満場一致で言われました。

まぁそれまでにいろいろ話して来てたので、初対面の人も俺の性格を何となくわかったのだろう。

まぁその通りだなと思った。

俺は26歳男性でありながら、お酒、タバコ、、パチンコ、釣り、風俗、ギャンブル(仮想通貨は投資だと思っている)全てやらない人間ですw→リアルに

まぁこういうこと言えば、当然何が楽しみで生きてるの?と聞かれても仕方がないでしょう。

暇じゃないの?休日何してるの?

仮想通貨投資していることや、ブログ書いていることは話していないので当然質問されます。

子供が可愛くて一緒に遊んでいること答えました。→事実w

でもまぁここまでで1つ思った事があって、俺は他の一般男性とは少し変わっているという事を知ったというか再認識しました。

26歳男性で、お酒、タバコ、、パチンコ、釣り、風俗、ギャンブル(仮想通貨は投資だと思っている)全てやらない人間なんて他にいるだろうか??

中にはいるだろうがほとんどいないと思う。

なぜやらないの?と聞かれると多分自分のポリシーとか意地とかが邪魔をしているからなんだと思う。

  • お酒→酔っ払いて千鳥足でゲロ吐いたり酒臭い人になりたくない
  • タバコ→害しなかいのに吸う人の気が知れない。(タバコミュニケーションを布教されたが受け付けず)
  • パチンコ→どう考えてもパチンコ店の方が勝率いいのにやっても損するだけ。無駄。打つのが楽しい娯楽という意見に対してはやってても楽しくない。うるさいだけと答える。
  • 釣り→多分やれば楽しいと思わなくもなさそうだがなんとなくやってない
  • 風俗→風俗は男性であるため興味がないわけではないけど、そんな事にお金使うのは金持ちになってからでいいと思ってて風俗行くお金があれば仮想通貨や株を少しずつ買っていく。
  • ギャンブル→基本投資以外は興味ない(麻雀とかはちょっと楽しいと思うけど家族できてからやる時間ない)

とまぁこんな感じで完全論破してしまうのが俺である。

文章を書いていて思ったが、面倒くさい男なのかもしれない…。

スナックを楽しめない俺は一体…

ちなみに今日のスナックでの4人での会話を俺は楽しめてはいるが心の底から楽しめてはいない事に気がつく。

酔ってないので楽しみが半減しているのかもしれないがそれを踏まえても、どこか楽しさが足りない。

というか俺はほとんど酒飲まないので酔わない。

正直スナック行かずにブログ更新しとけばよかったなぁ〜ってちょと思ったくらいだ。→俺にはブロガーになれる素質があるのかもw

他の3人は、ママ(スナックで働く女性)に手を握られたり褒められたりすると喜んでテンションアゲアゲだったけど、そんなに嬉しいのかな?と思ってしまった。

みんなママと喋りたくてウズウズしている中俺だけは違った。

多分俺、誰かと話すのも苦手(コミュニケーションは普通)というか基本自分から喋り始める事がない。

何か伝えたい事があったり、空気を読まなければいけない時意外は話さない。

てかそもそも話そうも思う事がない。

多分前世は木とか草とかしゃべる機能ないやつだったと思う。

ブログ書いてる人とか仮想通貨投資している人がいれば多分180度違っただろう。

多分近くにいる人と興味を持つジャンルがぜんぜん違うんだ。

他人と違う自分を否定するか肯定するか

俺はどう考えても普通の男性とはちょっと変わっている部分がある。

別にぶっ飛んでいるわけではないけど。

人間は他の人と変わっている部分があると肯定できず否定的になる傾向がある。

俺は、少し変わっている事に対してはとても肯定的な方だけど、何故か今日は劣等感も抱いた。

それはスナックでみんなが楽しそうにトークしている中、俺だけ楽しく感じられずあまりおしゃべりに入れなかったからだと気がついた。

俺は他の人と比べてコミュニケーション能力が劣っているんじゃないかとか、

またみんなが楽しそうにしている中、その場に乗り切れない自分が少し嫌だった。

自分の事を本当に肯定していいのか少し迷ってきていました。

単なる自己満足の世界で肯定していて、実際の現実では単にその場の雰囲気に乗れない奴ではないのかと。

自分次第だか結果が大事だと考えた

この後解散してベットに戻りさっき思った事考えて結論を出した。

俺が結果を出せれば俺のこの普通より変わっているはカッコイイやストイックとか俺にしかできないというモノになる。

それを極めた存在としてイチローなどがいるのだろう。

イチローなども高校生時代みんなに理解されることなく一人黙々と自分で作ったメニューをこなしていた。

もちろん普通の人から見てれば明らかに異常でこいつ変わっていると思われただろう。

だが今はもう結果を出し、誰からも理解されないくらいの努力がイチローを作ったと認められている。

でももしイチローが、成功しなければただ変なやつとディスられて終わる存在だったかもしれない。

結果が出せなければ単なるナルシストとか持論持ってるけど何もできない残念な奴だとレッテルを貼られるだろう。→レッテル貼られる以前に評価を受けない可能性の方が高いかもしれないけど。

結局は結果で決まる世界だ。

俺であればブログで成功すれば、酒タバコ女ギャンブル全てやらない価値観や考え方にも価値がついてくると思う。

こいつはこういう普通と違ったものがあったから成功できたのではないかと。

逆に成功できなければ酒も知らない雑魚おじさんになってしまう。

自分を肯定したければ成功するしかない

自分を肯定したいなら成功するしか手はないと俺は思っている。

そして成功するかどうかは自分次第ですよね。

自分の価値観や考え方は人と違ったり変わっていたりすることを肯定するのは全然いいと思います。

俺は肯定する派です!!

しかしそれだけで終わってしまうと、それが悪いとは言いませんが何の意味も持たなくなってしまう気がします。

自分の価値観や考えを証明したいなら成功して結果を残すしかない。

そう思いました。

まとめ

うーん…なんかこういう気持ちを上手く文章にするのは難しいですね。

いまいち書きたい事が書けてない気がします。

でもまぁやっぱり

「結果を出す=その道が正しかったという証明」

だと思っているのでやるしかないです。

俺は自分を否定したくないし、されたくもない。

さあ、こんな記事書いた俺は成功できるんですかね??

そんな事を思った平成最後の年の春でした。

今年度がブロガー人生にとって大きな転換期でありますようにと祈りつつ結びとさせていただきます。

では!