「ブログ論」カテゴリーアーカイブ

頑張ってる人にもう少し頑張ろうって思わせられる記事を書きたいと思う今日この頃

どうも、2.5流です。

最近、俺はどういう記事を書きたいのかな〜ってずっと悩んでいます。

「何書いていいかわからないし、わかるけどわからない。」

どっちなんだよ!!!

だから収益化目指そうとか、一旦取り払って俺はブログでどういう情報を発信していきたいのかを素直に考えてみました。

俺は誰かを勇気づける記事を書きたい

俺は

「コイツ頑張ってなんな、俺ももうちょい頑張って見ようかな!」

って思ってもらえるような記事を書きたいと思ってるんですよね。

「誰かを勇気づける記事を書きたい」

いろいろ難しいのを取り払うと、そういう気持ちが自分の中にはあるんだなって思いました。

俺はこのブログでたくさん伝えたいことがあるんですよね。

でもブログって好きなこと書いても上手く行かないんですよ。

自分が伝えたいと思うことを伝えようと記事にしても、そのことにそもそも興味が集まっていないと誰にも読まれることがありませんからね。

だからブロガーの人が書く記事は基本的に、リサーチをして、ある程度誰かが悩んでいたり解決したいなって思っていることを記事に書くことが多いです。

つまりユーザー目線で考えるってことですね。

それがブロガーの基本であり、収益を上げるのに大切なことでもあります。

でもそれだと、俺がブログ書いてる意味あるのかなって思うんですよね。

もちろんブログを、仕事としてお金を稼ぐためにやるのか、趣味としてやるのかにやっても変わってくると思うんですけど…

俺はどっちも叶えたいんですよね。

やっぱりブログやるからには、自分の意見や気持ちは出していきたい。

しっかりと情報を発信して、自分の考えに賛同してくれる人を増やしたいです。

自分の努力が記事を通して分かるようにする

自分の場合、ブロガーとして特に目立った結果を残してないので、誰からも見向きもされません。

だから、これからはブロガーとして本気で頑張ってその頑張ったこととかをこの記事にアップしていきたいです。

「結果を出すのが一番大切ですが、良い結果ってそう簡単に出ませんよね。」

そしたら、のそ結果が出るまでの過程を一生懸命書くのがいいなって思ったんですよね。

そして、読んでくれた人に、コイツも頑張ってるし、俺も頑張ろうかなーって思わせられるようになりたいです。

自分の理想形態

俺の一番の理想は、自分の思ったことや考えたことを発信し続ける

そこに共感してくれる人が増えていく

俺自身の考えに価値が生まれるようにしていきたい。

例えばトップブロガーのイケダハヤトとかまさにそれだと思います。

普通の検索ユーザーは

必要な事がある→イケダハヤトの書いた記事を読むという流れが一般的です。

でもイケダハヤトの様になると

イケダハヤトが記事を書いた→だから読む

みたいな流れになっています。

知りたい事があって検索ではなくて、あの人が新しく情報を発信したらか、その情報を知ってみたい!って感じなんですよね。

これってとてもすごいことで、俺もそうなれるように、自分のブランディングをしていきたいと思います。

まとめ

自分の理想形態になるためにも、ある程度の成果と努力が必要になるのでまずは、努力と作業量あるのみ。

そして、その努力などを出来るだけ公開していって共感してもらえるようにしたりって感じでしょうかね。

後は結果出すのみ!

とりあえずはアフィリエイトで月1万稼げないとね!

ちなみに現在は、月1000円くらいですw

まだまだ未熟者ですが応援よろしくお願いしますね。

能力の低い人がアフィリエイトで成果を出せるのか?

どうも、2.5流です。

いきなりあなたに質問なんですけど、

「アフィリエイトで生計を立てるのってすごく難しいことをあなたは知っていますか?」

アフィリエイトをやっていて月1万円以上稼げている人は全体で1割もいないんです。

これって超難関ですよね。

超有能な人もしくは、すごくインターネットに強い人じゃないと絶対に稼げない!そういう世界だ!!

と思ってしまいますよね。

でも、本当にそうなのでしょうか??

私は疑問に思っています。

吾輩は馬鹿である

知っての通り、(知らなくとも)私は生粋のお馬鹿さんです。

お世辞とかではなく本当の話です。

会社でもいつも自分の低脳さに悩まされながら仕事しています。

そんな私が現在アフィリエイトに挑戦しています。

結果は惨敗中です!

このブログで言えば発生報酬はまだ6円です。

ロリポップとか、xサーバーとかのクリック課金型のやつがクリックされていて、報酬が発生した程度です。

時給換算すると時給0.03円くらい…

少し前にこの時給を計算した時は流石にアフィリエイトやめようと考えました。

「やっぱり有能な人じゃない成功しないのかもしれない」

それならさっさとやめてバイトした方がいいじゃないか!!

そう思って、バイトを探そうとした事もありました…いや、でもしかしやめました。

継続は力なり

アフィリエイトって継続する事が一番難しいと言われているんですよね。

俺がここでやめちゃうと、みんなが挫折して消えていく理由と同じになっちゃうんですよね。

だから、俺は能力低くてもとりあえず続けてみようって思ったんです。

仮にずっとお金にならなくても。

稼げなくても継続はできている。そんな状態を2〜3年くらい続けてみたいですね。

これくらい続けても稼げないってことあるんですかね?

そもそも稼げなくても、2〜3年続けた人ってほとんどいないと思います。

多分、センスある人は徐々に稼げるようになっていくし、稼げないと分かれば消えていくのが普通です。

だから私は、とりあえず続ける事だけは曲げないようにしようと思っています。

能力の低い人間がブログを継続するだけで稼げるようになるのか、私が実験台となって頑張っていきます!

俺のブログ論

アフィリエイトは能力の高い人だけしか稼ぐ事が出来ないのか。

それとも継続する事が出来れば、ある程度は稼げるようになるのか、自分を実験台としてチャレンジしてみます!

アフィリエイトエイト、ブログは夢のあるジャンルです!

月収100万円も夢じゃない!

その夢を掴み取るために、またその夢がダメでも自分を表現するためにブログをこれからも書いていこうと思っています。

ブログ頑張りましょうね。

ブログを上手く書くコツ!初心者専用の書き方を紹介するよ!

どうも、2.5流です。

最近ですね、自分の記事のつまらなさに絶望して改めて記事の書き方を勉強した私です。

今もスマホで手に汗を握りながらポチポチこの記事を書いています。

「この記事がつまらない記事になったらどーしよーー!!!」

って叫びがら記事かいてるYO!

ですので今回は、ブログや文章を書くのが苦手な人がどうやったら、人に読まれる文章をかけるのかを書いていきます。

この記事を読めば、

  • ブログの書き方がわからない
  • つまらない文章になってしまう
  • 説明文みたいな文章をやめたい

などの悩みを解決できるので、是非読んでくださいね。

私もずっと文章が上手く書けなくて鬱になっていたので…。

自分を文中に登場させる!

あなたはブログを書く時、自分の事を記事の中にちゃんと登場させていますか?

これって意外と大事なことで、自分自身(筆者)を記事の中に入れないと、ただの情報だけが乗っているつまらない文章になります。

私もずっと自分のいない記事を書いていて、最近やっと記事の中に自分を入れることを意識しだしました。

「多分ね、文章には感情が入ってないとダメなんだよ!」

「あとあれ、あれだよ…俺氏の物事の捉え方方とか考え方とか、そういうものを記事の中で表現していくことが大事だと思うよ!」

こんな感じで自分が記事の中に存在するようにしましょう。

筆者の感情がない文章ってなんかつまんないですよね。

だから熱い気持ちをそのまま書いてしまうっ!!ってぐらいの感じでいきましょう!

【ポイント】

  • 自分の考え方をちゃんと書く
  • 自分の感情を文書にする

この2点を意図的に文章として入れることで、あなたの個性が出る記事が書けますよ!

「要チェックポイントだからね、ここ」

話し言葉を文章に組み込む

話し言葉を文章には組み込むことによって、文章に臨場感が生まれます。

少し例えて説明しましょう。

【例1】

昨日、コンビニ近くの交差点で信号が青にったので横断歩道を渡ろうとしたら横から車がいきなり信号無視して突っ込んできました。

運転手はもっと気をつけて運転手してほしいと思いました。

どうですか?

特に工夫もなく書いただけの文章です。

意味も理解できるし、文章からどんなシュチュエーションが想像もできると思います。

文章としては普通です。

でも、まったく面白くないですよね?

ではここで話し言葉を文章に組み込んでさっきの例1と同じ内容を文にしていきます。

例2

昨日、コンビニ近くの交差点で信号が青なって、あっ信号青になったから横断歩道を渡ろ〜って思って歩き出したら

「えっ嘘…」

横から車が信号無視して突っ込んできて

「っ!」

「あぶねー、本当にやばかった、気がついて戻らなかったら絶対にぶつかってた…マジなんなんあの車!!」

「あの運転手だけは絶対に許さねー」

と思いながら、他の運転手には本当に気をつけて車に乗ってほしいと心から思いました。

ど、どうでしょうか?

これで例1も例2も何も変わんねーじゃんって思われたらど、どーしようと思っている俺。

例1と例2では例2の方がリアリティを感じることができたのではないでしょうか?

このように、カッコ「」をつけて表現したり、セリフを入れたりすることによって文章に面白さや臨場感、リアリティなどが出てきます。

こういうちょっとした表現の違いが大きな差を生むと思っています。

これは結構使えるテクニックなので是非使ってくださいね!

伝えたいことは何かに例えて説明する

記事などで伝えたいことがある場合には必ず、何かに例えて説明するようにしましょう。

では例えて説明しますね笑

仮想通貨ってビットコイン以外にもたくさんあるんだよ!って説明したい場合。

仮想通貨=ビットコインと思っている人に

「仮想通貨ってビットコインの他にも、イーサリアムやライトコイン、リップルがあるんだよ!」

といきなり説明しても、チンプンカンプンですよね?もしくはわかりにくいですよね?

そういう時に例えて説明すると相手に伝わりやすくなります。

「あのね、仮想通貨ってたくさん種類あるんだよ。

ビットコインは、お金でいうとアメリカのドルみたいな感じなんだよ!

一番使われてるお金でドルと日本の円とかドルとユーロとか交換出来るでしょう?

仮想通貨でいうドルのポジションはビットコインなんだ。

だから一番有名で仮想通貨=ビットコインみたいなイメージがついてるんだよ。

でもビットコイン以外にももっとたくさんの仮想通貨があるんだよ。

お金だとヨーロッパのユーロとか中国の元とか日本の円とかが有名だよね。

仮想通貨にもユーロとか元とか円と同じような有名な仮想通貨があって、イーサリアムとかライトコインとかリップルとかって言うんだよ。

もちろん流通量がほとんどない仮想通貨もお金と同じで、ありますよ!」

つ、伝わりやすかったかな…もっとわかりやすい例えにした方が良かったかも…と不安な俺氏。

とまぁこんな感じで、例えて説明することによって分かりやすさをUPさせます。

例える時のポイントは、相手の頭の中にある知識の中から例えを選ぶことです。

相手の知らないことで例えても伝わらないですからね。

だから今回はビットコインの例えをドルとかユーロとか円とかに例えて説明しました。

まとめ

ブログを上手く書くコツは

  • 自分を文章中に登場させる
  • 話し言葉を文章に組み込む
  • 伝えたいことは何かに例えて説明する

です。

文章が上手く書けなくて悩んでいる方は多いと思います。

私も毎回、記事を読み返すとなんでこんな文章しかかけねーんだよって思うことも多いですが、本当に少しづつ良くなっている気がしています。

でも安心してください。

文章はちゃんと学んで、その学んだものを意図的使うとことによって誰でもそこそこに良い文章が書けるようになります。

私もまだまだなので人のことを言える立場ではありませんが、この記事に書かれている3点を意識してからだいぶマシな文章になったと思っています。

「文章はいくらでも上手くなれるんじゃ!だから諦めるなよ!!」

って感じで結びとさせていただきます。

どんどん記事を書きながらどんどん迷って、苦しんで記事をどんどん書いていきましょう!

それが、きっと成功するための一番の近道です。

h2タグ!これだけ読めばすぐ中級者になれる記事タイトル作りの教科書

ブログやアフィリエイトをする上でh2タグ、つまり記事タイトルは一番大事だといっても過言ではありません。

タイトルの付け方だけでも検索順位が大きく変わることがあるからです。

この記事を読むことで初心者でもすぐ中級者になれるh2の気をつけるべきポイントをまとめました。

次に記事を書く時に即実践できるのでお試しあれ!

「h2タグ」タイトルは29字以内に抑える

タイトルはできる限り29文字までにしましょう。

これはSEO観点から見て言えることです。

元々は32文字と言われることが多かったのですが、2018年4月現在で調べたことろ、32文字だとYahoo検索などでは29文字までしたか全表示されませんでした。

そのため29文字を推奨しています。

SEOについてはこちらの記事を参考にしてください。→準備中

Googleの場合はタイトルが32字以上になってしまうとGoogleの検索結果に表示される長さを超えてしまい、省略されてしまいます。

省略されてしまうとタイトルの重要な部分が抜け落ちてしまう場合があり、その場合記事を読んでもらえない可能性が高まるからです。

またキーワードは出来るだけ前半に入れておく方が良いと言われています。

こちらははっきりとした理由はわからなかったのですが、そらく

  • 前半のキーワードの方が検索エンジンが重要と判断する可能性が考えられるから
  • 29(32)文字以降は検索エンジンに反映されないから

この2つが考えられます。

上位表示させるために狙ったキーワードはできるだけ前半に入れるように心がけましょう!

また記事タイトルが29字以上になってしまう場合は、キーワードを29文字までに入れるように心がけましょう。

平仮名、カタカナ、アルファベット表記の違いで検索結果が異なる

平仮名、カタカナ、アルファベットでそれぞれ同じ言葉を書いても検索結果が大きく異なります。

【例】

  • ばす
  • バス
  • Bus

そのためキーワードを選ぶ場合には自分がどの形のワードで狙いたいかを考えて平仮名、カタカナ、アルファベットを選ぶ必要がありますね。

実際に検索してみて、競合が少なそうなキーワードを選ぶと良いのではないかと私は考えています。

【考え方の例】

検索者がバスの何かにつて知りたいとします。

するとおそらくGoogleなどの検索エンジンに

「バス 〇〇」

と入力して調べるのが一般的ですよね。

わざわざバスをBusの英字で入力する人は、日本人であればいないはずです。

そう考えると当たり前ですが、SEOを考えればカタカナの「バス」を選ぶべきだといえます。

ただし、必ずしもそれだけが正解ではありません。

例えば「〇〇Bus」という名詞のバスだったりサービスだったりする場合は、検索ユーザによってはわざわざ英字で検索することも考えられるでしょう。

そういう場合は「Bus」の英字を選んだ方が良いといえる場合もあります。

また考え方によってはカタカナの「バス 〇〇」で検索すると、強いサイトがあってどうしても勝てなそうだからあえて「Bus 〇〇」の英字でトップを狙うという考えもあるでしょう。

キーワードの並び順で検索結果が異なる

検索の際に

「タイトル 書き方」

「書き方 タイトル」

では検索順位が変わったりします。

そのため、キーワードを入れる順番も大事になってきます。

場合によってはワザとキーワードの順番を変えることによって、競合の少ない場所で戦うという作戦もあるでしょう。

ただこちらの場合は差は微妙に変わるだけでガラッと検索順位が変わるわけではありません。

基本手には、文章の自然な流れでキーワードを入れてた方が良いと言えます。

アルファベットの大文字小文字で違いがあるか?

アルファベットの小文字と大文字でSEO的に違いがあるわけではありません。

「SEO」

「seo」

では検索結果で差がないと言われているので特別気にすることはありません。

時分の好みや、見た目で美しい方を選びましょう!

アルファベットや数字の全角半角で検索結果は変わるのか?

結論から言って変わりません。

全角半角でSEO的にも差がないとされています。

強いて言うなら、半角の方が文字数をたくさん書くことができるので、h2タグなどのタイトルにする際は半角の方が便利だと考えられます。

まだ人間は長い文書よりも短い文書の方が目に入りやすい傾向にあるので、そういう意味で半角を混ぜた方が良いのではないかと考えられます。

特に機能的には差がありません。

まとめ

  • 「h2タグ」タイトルは29字以内に抑える
  • 平仮名、カタカナ、アルファベット表記の違いで検索結果が異なる
  • キーワードの並び順で検索結果が異なる
  • アルファベットの大文字小文字で検索結果は変わらない
  • アルファベットや数字の全角半角で検索結果は変わらない

h 2タグのタイトルを考える時に必要な知識はざっとこれくらいです。

この知識を知っていれば、とりあえず知らなくてSEO的に損をしていた!!ってことはないでしょう。

この知識をベースとして、検索ユーザーがタップしたくなるようなタイトルをつけられるようにしていきましょう!

魅力的なタイトルの付け方を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください→準備中

【文章のテンプレート】文の構成と書き方を覚えてどんどん記事をUPしていきましょう。

どうも、2.5流です!

文章って本当に書くの難しいですよね。

私は未だに悩み続けて書いていますし、ブログを始めたばかりの人も、何をどんなふうに書けばいいのか悩んでしまう人は多いでしょう。

今回はそんな悩みを解決しようと思って誰でも記事が上手く書けるようなる文章の構成図、つまりテンプレートを1つ紹介します。

このテンプレートを横に置いて、見ながら文章を作れば、文章の構成や内容の順番などに惑わされることなくどんどん書き進んでいくことができます。

  • 記事を書くスピードが一気に加速する
  • 構造化された文章で読みやすい記事が書ける

という2つのメリットがあるので是非試してみてください。

最も読んでもらいやすいテンプレート

このテンプレート(文章構成)は最初の方に記事を読んだ時のメリット、またはベネフィットなどを書いて読者に

「これ読むと、こんなメリットがあるんだ〜、なら読もう!」という気持ちにさせる文章構成になっています。

ベネフィットとは、得をすると言う意味です。

文章構成は大体以下の通りです。

【文章構成】

  1. 導入文
  2. 主題の提示
  3. メリット・ベネフィット
  4. 自説(持論)
  5. 背景(そうなった経緯)
  6. 論拠(論理的な説明)
  7. 結論(つまりこうだ)
  8. メリット・ベネフィット

導入

導入部分は、その記事で伝えたい主題に入る前に、主題につながるような出来事やニュース、生活で思ったこと感じたことなどを伝えます。

読者を引き込み、読み始めの敷居を下げるようなイメージで書きましょう。

【例】

最近、 映画が見たいなーと思ってHuluなど調べてよかったら契約しようと思っていろいろ検索してしてたら、何やらツイッターでAmazonプライムビデオが熱い!という情報をキャッチしました。

詳しく調べてみると年間3900円で映画が見放題である事を知り、その場で申し込んでしまいました。

そしてAmazonプライム会員になって1ヶ月経ち、そのレビューをあなたにも知ってもらおうと思って、この記事を書きます。

結論をから言おう。

「Amazonプライムビデオ、パネェ…。」

こんなに感じですね。

上の例の主題は「Amazonプライムビデオ」についてです。

その主題に持っていくために、

「最近では映画にはまっています」

からスタートして、話しを膨らませAmazonプライムビデオにしていきました。

自然な流れで、主題の話題に入れるようにしましょう。

主題

主題とはそのままの意味で、その記事で伝えたいことを伝えます。

今私が書いているこの記事で説明すれば、主題となるのは、

「誰でも記事が上手く書けるようなる文章の構成図、つまりテンプレートを紹介します。」

です。

文章の構成図、テンプレートを教えますよ!って主題で伝えるようにしています。

これで読者には、

「あっこの記事は文章を書く時の構成について教えてくれる記事なんだな!」

と分かってもらえます。

メリット、ベネフィット

ここではこの記事を読むと、どんないいことがあるのか、どんな得があるのかについて説明していきます。

これをメリット、又はベネフィットなどと言います。

この文章を前半に書く事によって、読者にこの記事自体に興味を持ってもらえるようになります。

読者は、基本的に記事を熟読しません。

パッと冒頭のを見て、魅力を感じなければどんどん次に移ってしまいます。

そこを前半に得られるメリット、ベネフィットを書いて

「この記事読めばこんないい事あるんだ、なら読もう!」と思ってもらって熟読してもらうために、主題の後にすぐメリット、ベネフィットを入れています。

この記事で例えれば、

「このテンプレートを横に置いて、見ながら文章を作れば、文章の構成や内容の順番などに惑わされることなくどんどん書き進んでいくことができます。

  • 記事を書くスピードが一気に加速する
  • 構造化された文章で読みやすい記事が書ける

という2つのメリットがあるので是非試してみてください。」

の部分になります。

この部分を読者に読ませることができれば読者は

「読んどいた方が良さそうだな」

と思うため記事を読まれやすくなります。

私はよくこの文章構成を使いますが、やはりほかの文章構成より読まれているなと感じるのでおススメの文章構成です。

自説

自説とは自分の意見を言うことです。

  • あなたの考えはどうなのか
  • なんでこの記事を書く経緯に至ったのか

について書いていきます。

前章でメリットやベネフィットなどを提示しているので、それについて意見を言うなどするといいですね。

「〜を実践してみて私の意見をひと言で言うとこんなに効率的な書き方他にありませんよ!

とか

「テンプレートを使用して書くだけで、記事書くスピードが1.5倍になった&説得力のある文書が書けるようになったので、本当に一石二鳥でした。」

とか。

そしてこの自説の説明の最後は、「つまり〜ということも考えて、一番〇〇が良いと考えています。」と締めれるといいですね。

この記事で言えば、

「文章構成をしっかり考えて文章を書いた方が間違いなくいい記事が書けるので、この文章構成はよく呼んでマスターした方がいいよ。」

とか、

「この記事に書かれているテンプレートはすごくためになるから、あなたに絶対に必要だよ」

ってニュアンスで書くのが正解になります。

また、何か具体例を出して比較してもいいですね。

2つを比較して、結果的にやっぱりこっちの方がいいよと結論づけるのもありです。

背景

背景は自分がなんで、その道を歩んだのかについてです。

この記事で言えば、

なんで文章の構成のテンプレートなんてことを記事にしたのかな〜という話です。

自分の過去のエピソードなどを書くといいですね。

「私がこのように至った経緯は…」から始まり、

2年前にブログを立ち上げました。

100記事書いたけどまったく成果が出なくて、すごく悔しくて調べたら、文章構成で売り上げが一気に変わる記事のが書き方というのを知った。

その知ったことを、生かして記事を書きリライトしてたら利益が急に出るようになった!

そして最近さらに上手く利益が上がるようになったので、この方法をブロガーの皆さんにシェアしようと思って記事を書きました!

みたいな感じです。

自分がその記事の内容をやるとになった背景を説明しましょう。

論拠

なぜそうなるのかを論理的に説明します。

それによって読者を理解させて納得させることが目的です。

この記事で言えば過去100記事書いでも結果が出なかった。

出なかった原因を探った結果、文章の構成がぐちゃぐちゃで、読者が途中で離脱しているという原因を知った。

これは初心者にはありがちなパターンであり、改善する一番確かな方法は、確立されてある文章構成通りに書く事だと仮説を立てた。

そして今紹介している文章構成を知り、素直にら取り入れてから上手く行くようになった。

当たり前だが、文章構成がしっかりしていなくて、読みにくくて離脱ていたし読者が構成を変えた途端に記事を最後まで呼んでくれた事によって、報酬が発生するようになったと考えられる。

こう書けば読者も

「なるほど、確かにそうかもしれない。文章構成しっかり考えていなかったし、効果でるなら試してみようかな?」

と思うでしょう。

結論

ここで総まとめを言う。

ここは自説と同じような文書になってしまうと思うがそれでいいです。

この記事で伝えたいことを「まとめる」ようにしましょう。

〜だからこの記事で書いてあることをオススメしますよ!って感じで!

ただ自説と含めで2回似たような事を伝えるので、読者に

「くどい!」

と思われないように注意しましょう!

メリット・ベネフィット

最後にもう一度メリットベネフィットを伝えます。

最後にメリット、ベネフィットをもう一度最後に伝えることによって、これだけいいものがあると言う事を強く印象に残らせることができるからです。

メリット、ベネフィットの最後に終わりの言葉を書いて終わりとなります。

記事の書き方のまとめ

今回紹介した書き方は、読者が最後まで読み進めるために構成された戦略的文章構成になります。

この文章構成で書くことによって、今まで以上に読んでもらえる可能性が高くなります。

記事のテンプレートは他にもありますが、この書き方が一番読まれやすい書き方なのでぜひ利用してくださいね!

試しに書いてみて、他の記事との差を見比べてみてください!

ブログ頑張りましょうね!!

ブログで何を書いたらいいのか分からない!!何にも書くことがないからそれを記事にしてみた。

どうも、2.5流です。

今ですね、深夜3時ジャストなんだけど目が覚めて、寝れそうにないから記事を書くことにしました。

寝たいのに寝れないのって辛いですよね。

そしてなんも話題が無い…

というわけで、何を記事にしたらいいか分からないという方のために、この記事を書くことに今決めました!

何を書いていいかわかりません!

時々質問受けるのですが、というか質問受けるほど何もできていませんが、

初心者ブロガーの方から

「何を書いていいかわからないんですよね…」

って悩み相談されたことがあります。

結論から言えば、ブログなら書く内容はなんでもいーんじゃないんですか?って感じです。

今日起こった出来事や感じたこと、思ったことなどをどんどん記事にしていくのはどうでしょうか?

何かの特価型サイトだと無駄な記事になってしまうので、流石にテキトーとはいきませんが、自分の運営しているブログなら、身近なこと書いてもいいと思います。

ブログの場合は、自分をブランドにすることが大切ですからね。

だから自分の考え方などをどんどん発信してった方がいいと思います。

「書くことが無い…」

と思えば、書くことが無くて困っているという記事を書けばいいですよね?

今私が書いてますけど、この書くことがないって悩みはブロガー初心者さんならよくあることだと思うんですよね。

こういう記事を書くことによって、初心者ブロガーさんに、

「あ、自分だけじゃなくて他のブロガーさんも同じ悩み持ってたりするんだな」

とか思ってもらえて役に立つ記事になると思うんですよね。

いや、役に立つ訳じゃあないからどちらかというと、「共感してもらえる」とかかな。

共感してもらうことってブログにおいてはマジで大事だと思っています。

自分の悩みは他の人も悩んでるかも

書くネタに困っている人は、自分が悩んでることを、記事にするといいですよ。

私がよく記事にするのは、自分の悩んだことですね。

わたしの場合はサラリーマンなのでもう、会社の愚痴もとかちょー記事にしてますよ。

【会社の愚痴記事】

会社の無駄な仕事の意味のなさに激おこって話。だから自分で起業するんだ!

宴会(送別会)の幹事がダルかったという話@だから会社は嫌なんだ!

他にも【可愛い子に声をかけられなかった話】とか

快活クラブの美人お姉さんにLINEを聞けなかったことを反省してみる

なんでもいいんですよ。

とりあえず書いて書いて書くのに慣れてから何か考えればいいはずです。

どんどん文書を書いて行ってその中で、誰かの役に立つ記事、誰かのためになる記事を書けるようになっていきましょう。

読者のことも考えてみる

書いて書いて書きまくったら、今度は読者のことも考えてみるといいですね。

書くネタは自分の悩みだとして、その自分と同じ悩みを持つ人は何を求めているのかを考えてみましょう。

グサグサに心が傷ついている読者なら、温かい言葉、励ましの言葉をかけてあげましょう。

共感を求めている読者には共感する言葉を

何か解決したいことがあってきた読者なら、その解決策を教えてあげましょう。

ダイエットで困ってるなら、めちゃ効くと評判のダイエットサプリメントを教えてあげましょう。

とりあえず、相手がどんな気持ちになって文書を読もうとしているのか考えるのが大事です。

そしてその人が読んで嬉しい言葉を文書に散りばめていけば、きっと読者さんも喜んでくれますよね。

まとめ

記事を書く時に何を書いていいのかわからない人は、自分の気持ちが動いた出来事について記事を書いてみるようにすると良いです。

あとは自分が分からなかったり、疑問に思うことですね。

ここら辺を切り口として、どんどん記事を増やしていきましょう!

そして記事を書く際には、読んでくれる読者のことも考えて文書を書くとより質の高い文章になります。

どんどん記事を書いてトップブロガー目指して頑張りましょう!

ブログタイトルを変更するってどうなの?SEO的にまずいよね?

どうも、2.5流です。

ここ最近ずっと気にしていたんですけど、気づかない振りをし続けてきました。

でももう限界が来たので、どうせなら記事ネタに使ってやろうと思いついにこの事に触れます。

ブログタイトルを変更するか否か!

仮想通貨で2億稼ぐ

このブログのタイトルは「仮想通貨で2億稼ぐ」です。

当時、仮想通貨やってる人が投資ブログ始めるのが流行っていて、自分もこの投資経験を忘れないために、なんとなくブログ始めました。

ブログ始めたのは2017年11月なので当時は仮想通貨がどんどん上がっていくところでした。

私の資産も順調に増えていて

「俺も億り人になれたりするのか??」

と思っていました。

しかし、2018年始めに仮想通貨が大暴落してその夢は、儚くも永遠のかなしとなりました。

「まぁまだ仮想通貨諦めたわけじゃあないんですけどね」

という訳でこのブログはなんとなく雑記ブログへと変わっていきました。

もちろん仮想通貨の情報も時々も記事にして生きますが、どうしても「仮想通貨で2億稼ぐ」というブログの内容からズレた記事が順調に増えて来ています。

これってSEO的にはよくないですよね?

そこで思ったのが、サイトタイトル変えちゃう?

サイトタイトルをSEO的にはどうなる?

「サイトタイトル変えたらどーなるんだろ、危険な匂いしかしねーな」

と言うことで、調べてみました!

Google先生に聞くよ、テストの答え教えて!

たくさんの方の記事を読んで、結構賛否両論ありました…。

どっちなんだ〜。

白黒つけて言うなら、6:4でタイトル変更しても大丈夫だよって感じでした。

サイトタイトルを変えるメリット

タイトルはあたり前ですが、ブログの内容と合っていた方がいいですよね。

本来であれば、サイトタイトルをベースに記事を書いていくので大きく逸れるブログはそうありません。

しかし私のように自由に何も考えず、バカのように記事を書いていると、サイトタイトルと記事内容が結構違って来てしまいます。

いや、違ってきてしまいました。

その場合は、「タイトルを変えた方がいいよ」というのがGoogle先生の答えです。

一番いいのはずっと変えずに、タイトルと記事の内容が合っていることです。

しかし、ズレてしまってはSEO的に評価は下がるので、それならば変更してサイトタイトルと記事タイトルを一致させた方がいいよということですね。

サイトタイトル変更のデメリット

しかし、良いことばかりではありません。

サイトタイトルを変えるべきではないという意見の記事も4割ほどありました。

サイトタイトルを変えることで、Googleのサイトの評価が大きく変わる危険性があるからです。

「そりゃそーだよね」

だから、変えない方がいいよって意見も多くありました。

特にすでに上位表示がされているサイトなどは要注意です。

変更して上がる可能性もありやすが、場合によっては大きく下がることもあるからです。

サイトタイトルを変更する基準そこそこ調べての私の結論ですが「サイトタイトルは変更してオッケー、ただし結果が出てるサイトならやらない方がいい」です!

また勝負したいって感じなら変更するしてもオーケーです。

変更するときのがコツは、サイトタイトルのキーワードができるだけ、記事タイトルにも多く含まれていると、検索順位が上がりやすいそうです。

ちなみに半年以内に5回ほどタイトルを変えるとペナルティを受けて圏外に飛ばされるらしいので、タイトルを変更するなら1年に1回くらいのペースで行うようにしましょう。

サイトタイトルを変えるか変えないかは、今のところ自分のこの雑魚ブログは上位表示ほとんどないので、サイトタイトル変える予定でいます。

検索順位もほぼ下の下の下なので、これ以上下がらないでしょうし、下がっても痛くありません。

なのでステキなタイトルが決まり次第変えます。

もし自分と同じ様にサイトタイトル変えようか迷っているなら、よく考え決めましょう。

サイトタイトルは変えて1回のみです。

変えたら1年くらいは変えない方がいいです。

タイトルを変えるのも、検索順位が上がることもあれば下がることもあることを考えてから、やりましょう。

ただ長期的に見ればサイトタイトルと記事の内容は合っていた方がいいに決まっているので、サイトタイトルを変更した方がいいと思います。

次からはサイトタイトルが変わらない様によく設計してからサイトを作っていきたいと思います。

ブログ頑張りましょうね、では。

記事の投稿は何時が一番効果的?

一生懸命書いた記事、せっかく頑張って書いたのですから、できるだけ多くの人に読んでもらいたいですよね。

そう思った時、きっと疑問が生まれるはずです。

記事アップするならいつの時間帯が一番読んでもらえるのかな?

と。

記事をアップするタイミングを変えるだけでアクセスが大きく変わることは多々あります。

今日は最も効果的な記事の投稿時間を紹介していきます!

アクセスの集中する時間は決まっている

人間は毎日ほぼ同じ生活習慣を繰り返しています。

休日はちょっと変則的になりますが…

それでも、だいたいはスマホをいじる時間帯は決まってくるので、その最もアクセスが集まる時間帯を狙って私達ブロガーは投稿していきます。

最もアクセスが多い時間帯は20時〜23時まで。

この時間帯はほとんどの人が家に帰り、食事やお風呂を済ませてゆっくりしている時間時間帯だからです。

このゆっくりしている時間ってほとんどの人がスマホを触っていますよね?

ですので記事は予約投稿などを使って20時〜23時の間に投稿するのがおススメです。

特にこだわりがなければ、20時が良いでしょう。

21時に投稿すると、20時台でアクセスしていた人に読んでもらえないから20時に投稿した方が得だよ!という考えです。

ターゲットによって投稿時間を変える

さきほど結論で、20時に記事を投稿するのが一番いいと言いましたが、さらに細分化することができます。

例えば、主婦向けのダイエットブログを書いていたとしましょう。

その場合はいつが主婦にとって一番読まれやすい時間帯だと思いますか?

もちろん20時〜23時でも良いのですが、主婦に最も読まれる時間帯は朝の10時〜11時くらいです。

これは主婦が掃除洗濯、子供の見送りなどが終わり、一休みできる時間がおおよそ10時くらいだからです。

また主婦は次の日、朝早く起きる人が多いため夜はすぐ寝てしまう傾向があります。

そのため夜よりも、家事が終わり昼食までの間の10時〜11時くらいの方がしっかり主婦に読まれるんです。

中学生、高校生をターゲットにするのであればお昼休みの時間帯11時半〜13時までなどがとてもアクセスが集まりやすいですよ!

(夜も集まりやすいですけどね)

このように、自分のターゲットとなる人によって最も読まれる時間帯は変わってきます。

私のブログの更新時間はいつ?

ちなみに私は22時前後に記事を投稿するようにしています。

私のブログの場合、ターゲットは会社勤め5年目くらいのサラリーマンとしていて、サラリーマンは残業や飲み会など又は友人との外食などが多く、比較的遅く帰って来ることが多いからです。

そのため落ち着いてスマホを見る時間帯も22時〜24時頃だろうと仮説を立ててこの時間帯を選びました。

まとめ

記事を投稿するの上で最も読まれやすいタイミングは、20時前後にアップすることです!

また自分のブログのターゲットによってその投稿する時間帯を変えた方がいい場合もあります。

ただ、まだアクセスがほとんどない状態であれば、20時に投稿の方が良いと言えます。

また予約投稿で時間はいつでも20時にセットできますが投稿時間は多少時間を前後させるようにしましょう。

そちらの方が読者にとって記事書いたばっかりなんだな〜と思わせることができるからです。

毎回20時ぴったりだと自動更新だと思われてしまい、少しですが読む気が失せやすくなったりします。

そのために20時ぴったりなのどは避け前後30分以内にして中途半端な時間に投稿すると良いでしょう!

20時3分とか19時51分とか。

これであれば、なんとなくですけど書いてそのままアップしたのかな?

なんて思えますよね?

私は結構更新時間とか見てそう思っています。

細かいことかもしれませんが、小さなことをコツコツと実践していくとこは大事なことです。

記事の投稿時間を精一杯工夫して、1人でも多くの人に読んでもらえるようにしましょう!