「俺理論」カテゴリーアーカイブ

ぱっとしない学生生活を送り自分の価値を証明したくて金持ちを目指した話し

俺は高校、大学とぱっとしない生活を送ってきました。

可もなく不可もない生活、友達とも楽しく過ごせたし彼女もいました。

スポーツもしたし勉強はあまりしなかったけど最低限はやりました。

まぁ一般的に言われるそこそこの生活をしていたし、そこそこの学生生活だったと思います。

でも何か物足りなさを感じる毎日

ただどうでも俺は何というか…満たされない気持ちがありました。

俺はどうしても何かで成功したかった。

多分中学生のころから何かでトップを取りたい、ずっとそう思い続けてきました。

頭は悪いから勉強で上を目指そうとは思っていなくて、だから大学生の頃は大好きだったテニスで強くなることを目指しました。

中学生、高校生どちらも最後の試合で最悪の結果で終わり今度こそと思って張り切っていたものの、結局最後の大会は納得のいく試合は出来ず…

俺の打った球がネットにかかり地面に転がって俺のテニスは終わりました。

結果も最高で県ベスト16程度でなんとも言えない成績でした。

ただ全力でやってそれだった結果を受け入れて俺のテニス生活はいったん終わりを受け入れることにしました。

テニスを諦めた俺は特にやることもなく、とりあえず就活を始めました。

当時は就職先なんてどーでもよく、とりあえず簡単に入れる福祉の仕事につこうかなーなんて思っていました。

1人旅行で自分と向き合う1週間

大学卒業も残り数ヶ月となったところで、大学生のうちにやっておきたいことを漠然と考えて1人で海外旅行したいなーと思いました。

そして1週間ロサンゼルスに行くことを決めロスへ旅立ちました。

ロスは年間で温度差が日本と違ってあまりなく、暖かくて過ごしやすい気候で、夜のサンタモニカのビーチなどを1人で散歩したりしていました。

温暖な気候なせいか、夜のビーチにも人はたくさんいてとても賑やかな感じでした。

毎日がお祭りなのかなーって思いました。

海外旅行で考えが変わったこと

海外を旅しても何も変わらないと言いますが、変わる人間も多少はいるんだなと俺は実感しました。

少なくとも俺は大きく変わりました。

ロスに行き着いた俺は正直ノープランでした。

とりあえずハリウッド、ビバリーヒルズ、ダウンタウンは行ってみたいと思ってい、他にもユニバーサルスタジオにも行ってきました!

1人でw

まぁそんな海外旅行をするとですね、やっぱりいろいろ考え方が変わって…来ませんねww

えっとですね、確かに海外旅行で考え方は変わったんですけど、ロスの影響で変わったというよりは、1週間ずっと1人でいたため、自分と向き合う時間が多かったんです。

地下鉄やバスに乗ってたりする間とかチェックインしたホテルとかでなんか色々普段考えないようなことを考える訳です。

俺将来どうなりたいのかなあ…福祉施設で安月給でもやっていけるのかなぁ。

独り身なら問題ないけど、家族できたらこまるよなぁ

お嫁さんの方が年収とか高かったらなんか寂しいよな〜

何かで成功して、「〇〇くんってすごいよね」って言われたい。

働きたくないな〜w

その自分と向き合う時間が取れたことによって自分の考え方が大きくかわりました。

ロス関係ないw

いや、でもちょっとは影響してるはず。毎年サンタモニカビーチ来たいな〜とか思ったし、お金稼がなきゃなーとも思ったので。

社会での成功は何か?

ロスでいろいろな観光スポットとかまわって自分と向き合って決めた事がやっぱり何かでトップになるということでした。

多分、俺は競争とか勝ち負けがしっかり分かる奴が好きなんですよね。

そして、何でトップを取りたいか考えました。

またテニス頑張っても良かったのですが、就職してだと練習時間も限られるしあまり上手くならなそうだし、社会人になってテニス上手くなってもあまりメリットないかなって思ったんですよね。

これから社会に出るんだから、社会と関わる何かで成功したいと思いました。

社会での成功って何だろう。

  • ボランティアやること?
  • 有名人にらなること?
  • お金持ちになること?
  • 仕事ができること?
  • 異性からモテること?

まぁいろいろ考えて、やっぱり資本主義社会ということは、お金持ちになるのが社会でいう成功なのかなと思いました。→なんか頭良さげ

そういう思いからじゃあお金持ちを目指してみますか!!って思った訳です。

お金はあって損しないだろうし。

元々お金に興味はなかった

俺は元々お金にはあまり興味がない方でした。

一般的な家庭に生まれてまぁ贅沢はできなくとも不自由なく暮らせて来ていたし、お金の教育も一般的で人前でお金の話はするなという日本の文化のお金教育を受けたような感じです。

だから生きていく分の給料あればいいやって思ってました。

でもお金持ちを目指そうか悩んだときに金持ち父さん貧乏父さんって言う本を読んで結構衝撃を受けました。

あと、里中李生さんの本

特に心に残ったのは、

安月給じゃ家族や大事な人に何かあったときに守ってあげられない

愛はお金で買えないがお金が愛に与える影響はとても大きいということ

資本主義はお金を取り合う仕組になっていること

搾取される人間になってはいけないこと

などなどまぁいろいろ知った訳です。

本を読んでると確かにそうだな〜と思うことが多かったです。

特に家族を守るにはお金が必要だよなと思ったのが大きかったです。

ちょうどその頃、じいちゃんばあちゃんが倒れたりして、ちょっと金銭的にもきつくなって来た背景もありました。

お金持ちになろうと頑張るけど目がでない毎日

お金持ちになるためには、

  • 一流企業に就職する
  • 起業家になる
  • 投資家になる

ここら辺で成功すればお金持ちになることができます。

しかし、やみくもにやっても成功しないのでとりあえず就職し、仕事後や休日に投資やブログを書くようになりました。

軍資金も作らなきゃですからね。

こうやって俺はサラリーマン兼起業家になりました。

俺から早数年が経ち…

仮想通貨バブルに乗り一時期資産が26才で1200万くらいまで増えました!!

この時、俺は凡人でもお金持ちになれるんだなと心から思いました。→ここが最高値だった。

が、暴落してギリ元本割れしない程度まで戻ってきてしまいましたw

まぁ一度でも資産1200万行ったので次は2400万くらいまでは行けるのではないかなと思ってます。→気楽

今度は暴落で利確できるように頑張ります。

後は投資一本ではリスクがでかいので、そろそろブログも本気でやらなきゃなって感じてきました。

まぁ結論から言えばまだお金持ちには程遠いです。

お金持ちになったらやりたいこと

という訳で俺はお金持ちを目指しているわけで、そのためにブロガーもやっています。

会社員では無理ですけどブロガーなら年収1000万とか全然ありえるからです。

俺がお金持ちになったら、小さい子や赤ちゃんとお母さんが気軽に入れるカフェを経営したいなーと思っています。

うちの嫁が言ってましたが、子供が泣いたり走ったりするからなかなかカフェ行きたいのに行けないと嘆いていました。

きっと嫁がそう思うなら他のママさんも同じ気持ちの人多いと思います。

スペースを広く取って半分を子供が遊べる広く空間を、作ってそこにおもちゃを置いて子供に遊ばせて、

残り半分は普通にオシャレなカフェでコーヒーの他にミルクココアや、りんごジュースなど子供向けの飲み物とかも用意したいですね。

もちろん大声で叫んだり泣くのもオーケーなカフェを作るつもりです。

子育って多分何よりも一番大変で一番重要なことですからね。

少しでも子育て中のママさんや家族のためになったらなと持っています。

まぁお金持ちにならないとカフェそもそもオープンできないんですけど。

まぁこんな感じでお金稼いだ後のことも夢にまで見ているのできっと叶えられると信じています。

バカな俺は夢を見続ける

バカな俺はずっと夢を見ています。

テニスですごく強くなれると思い続け、今はお金持ちになれると思い続けています。

学生生活では残念ながら叶えることができなかった夢ですが社会人になってからの夢は夢で終わらす気はありません。

できたらあと2年以内には達成したいところなのですがどうなんですかね。

そろそろ何かで大きく成功して、〇〇くんってすごいよね〜なんて知り合いの間で噂話されたいんですけど。

という訳で、学生生活で成功できなかった反動で、今の社会でどうしても成功したい俺の話でした。

こんな長文読んでいただきありがとうございました。

応援よろしくお願いします。

夢は大きく!

そして夢を叶えるための人生を楽しんでいこうと思います。

自分という人間を肯定するのも否定するのも自分次第だということ

どうも、2.5理由です。

この前の週末に職場の先輩とその友達、自分を含めた計4人でスナック?的なところに行って来ました。

そこで自分を肯定できるのも否定してしまうのも自分次第何だな〜となぜかスナックで思ってしまったので紹介します。

なんでこんな事スナックで考えることになったんだかw

自己評価の低い人とか自信ない人には共感できる部分だけあるから共感してほしいな!

初めてスナック的なとこに来て

職場の先輩とその友人2人、後俺を含めた4人でスナックでお酒を飲んでいました。

本当は行く気なかったのですが、普段仕事で良くしてもらっている人だったので行ってもいいかと思いついていきました。

でも俺、お酒飲めないんですよねー

元々お酒が強い方じゃない上に、中、高校生の頃から酔っ払いの態度や酒の臭さが大っ嫌いで俺はこうなりたくないと思っていてお酒をほとんど飲まなかったため今の自分がいます。

まぁ飲めなくはないので始めの乾杯のビール1杯以外はコーラもらっていました。

みんなに言われたこと

そんな感じてあまり酔うことはなかった俺とは引換に回りが徐々に酔ってきて話が弾むようになり話の話題が俺に来た。

お前って本当に何も楽しみないよな、ホント。

そう満場一致で言われました。

まぁそれまでにいろいろ話して来てたので、初対面の人も俺の性格を何となくわかったのだろう。

まぁその通りだなと思った。

俺は26歳男性でありながら、お酒、タバコ、、パチンコ、釣り、風俗、ギャンブル(仮想通貨は投資だと思っている)全てやらない人間ですw→リアルに

まぁこういうこと言えば、当然何が楽しみで生きてるの?と聞かれても仕方がないでしょう。

暇じゃないの?休日何してるの?

仮想通貨投資していることや、ブログ書いていることは話していないので当然質問されます。

子供が可愛くて一緒に遊んでいること答えました。→事実w

でもまぁここまでで1つ思った事があって、俺は他の一般男性とは少し変わっているという事を知ったというか再認識しました。

26歳男性で、お酒、タバコ、、パチンコ、釣り、風俗、ギャンブル(仮想通貨は投資だと思っている)全てやらない人間なんて他にいるだろうか??

中にはいるだろうがほとんどいないと思う。

なぜやらないの?と聞かれると多分自分のポリシーとか意地とかが邪魔をしているからなんだと思う。

  • お酒→酔っ払いて千鳥足でゲロ吐いたり酒臭い人になりたくない
  • タバコ→害しなかいのに吸う人の気が知れない。(タバコミュニケーションを布教されたが受け付けず)
  • パチンコ→どう考えてもパチンコ店の方が勝率いいのにやっても損するだけ。無駄。打つのが楽しい娯楽という意見に対してはやってても楽しくない。うるさいだけと答える。
  • 釣り→多分やれば楽しいと思わなくもなさそうだがなんとなくやってない
  • 風俗→風俗は男性であるため興味がないわけではないけど、そんな事にお金使うのは金持ちになってからでいいと思ってて風俗行くお金があれば仮想通貨や株を少しずつ買っていく。
  • ギャンブル→基本投資以外は興味ない(麻雀とかはちょっと楽しいと思うけど家族できてからやる時間ない)

とまぁこんな感じで完全論破してしまうのが俺である。

文章を書いていて思ったが、面倒くさい男なのかもしれない…。

スナックを楽しめない俺は一体…

ちなみに今日のスナックでの4人での会話を俺は楽しめてはいるが心の底から楽しめてはいない事に気がつく。

酔ってないので楽しみが半減しているのかもしれないがそれを踏まえても、どこか楽しさが足りない。

というか俺はほとんど酒飲まないので酔わない。

正直スナック行かずにブログ更新しとけばよかったなぁ〜ってちょと思ったくらいだ。→俺にはブロガーになれる素質があるのかもw

他の3人は、ママ(スナックで働く女性)に手を握られたり褒められたりすると喜んでテンションアゲアゲだったけど、そんなに嬉しいのかな?と思ってしまった。

みんなママと喋りたくてウズウズしている中俺だけは違った。

多分俺、誰かと話すのも苦手(コミュニケーションは普通)というか基本自分から喋り始める事がない。

何か伝えたい事があったり、空気を読まなければいけない時意外は話さない。

てかそもそも話そうも思う事がない。

多分前世は木とか草とかしゃべる機能ないやつだったと思う。

ブログ書いてる人とか仮想通貨投資している人がいれば多分180度違っただろう。

多分近くにいる人と興味を持つジャンルがぜんぜん違うんだ。

他人と違う自分を否定するか肯定するか

俺はどう考えても普通の男性とはちょっと変わっている部分がある。

別にぶっ飛んでいるわけではないけど。

人間は他の人と変わっている部分があると肯定できず否定的になる傾向がある。

俺は、少し変わっている事に対してはとても肯定的な方だけど、何故か今日は劣等感も抱いた。

それはスナックでみんなが楽しそうにトークしている中、俺だけ楽しく感じられずあまりおしゃべりに入れなかったからだと気がついた。

俺は他の人と比べてコミュニケーション能力が劣っているんじゃないかとか、

またみんなが楽しそうにしている中、その場に乗り切れない自分が少し嫌だった。

自分の事を本当に肯定していいのか少し迷ってきていました。

単なる自己満足の世界で肯定していて、実際の現実では単にその場の雰囲気に乗れない奴ではないのかと。

自分次第だか結果が大事だと考えた

この後解散してベットに戻りさっき思った事考えて結論を出した。

俺が結果を出せれば俺のこの普通より変わっているはカッコイイやストイックとか俺にしかできないというモノになる。

それを極めた存在としてイチローなどがいるのだろう。

イチローなども高校生時代みんなに理解されることなく一人黙々と自分で作ったメニューをこなしていた。

もちろん普通の人から見てれば明らかに異常でこいつ変わっていると思われただろう。

だが今はもう結果を出し、誰からも理解されないくらいの努力がイチローを作ったと認められている。

でももしイチローが、成功しなければただ変なやつとディスられて終わる存在だったかもしれない。

結果が出せなければ単なるナルシストとか持論持ってるけど何もできない残念な奴だとレッテルを貼られるだろう。→レッテル貼られる以前に評価を受けない可能性の方が高いかもしれないけど。

結局は結果で決まる世界だ。

俺であればブログで成功すれば、酒タバコ女ギャンブル全てやらない価値観や考え方にも価値がついてくると思う。

こいつはこういう普通と違ったものがあったから成功できたのではないかと。

逆に成功できなければ酒も知らない雑魚おじさんになってしまう。

自分を肯定したければ成功するしかない

自分を肯定したいなら成功するしか手はないと俺は思っている。

そして成功するかどうかは自分次第ですよね。

自分の価値観や考え方は人と違ったり変わっていたりすることを肯定するのは全然いいと思います。

俺は肯定する派です!!

しかしそれだけで終わってしまうと、それが悪いとは言いませんが何の意味も持たなくなってしまう気がします。

自分の価値観や考えを証明したいなら成功して結果を残すしかない。

そう思いました。

まとめ

うーん…なんかこういう気持ちを上手く文章にするのは難しいですね。

いまいち書きたい事が書けてない気がします。

でもまぁやっぱり

「結果を出す=その道が正しかったという証明」

だと思っているのでやるしかないです。

俺は自分を否定したくないし、されたくもない。

さあ、こんな記事書いた俺は成功できるんですかね??

そんな事を思った平成最後の年の春でした。

今年度がブロガー人生にとって大きな転換期でありますようにと祈りつつ結びとさせていただきます。

では!