「ハードウォレット」タグアーカイブ

コールドウォレットとは?安全性と便利性について

こんばんは、2.5流です。

コインチェック(Coincheck)でのハッキング騒動で有名になった仮想通貨の保存方法にホットウォレットとコールドウォレットというものがあります。

今回はコールドウォレットの方ついて説明していきます。

ホットウォレットについて知りたい方はこちら→準備中

コールドウォレットとは

コールドウォレットとはインターネットから切り離されたウォレットのことを言います。

オフラインのウォレットです。

ウォレットとは仮想通貨を保存しておく場所のことでそのままお財布という意味です。

仮想通貨のお財布のことをウォレットと呼びます。

コールドウォレットの特徴

コールドウォレットの1番の特徴はやはりインターネットから切り離されて保存される点でしょう。

そのためホットウォレットに比べ安全性が高いと言えます。

コールドウォレットにはハードウォレット、ペーパーウォレットなどの種類があり、ホットウォレットに比べるとハッキングなどに強いですが、その分取引の際に面倒な作業が増えます。

【コールドウォレットの特徴】

  • インターネットから切り離されたウォレット
  • ホットウォレットと比べて盗難に合うリスクが低い
  • ホットウォレットに比べて扱いが面倒
  • ハードウォレットとペーパーウォレットがある

などが挙げられます。

コールドウォレットのメリット

ホットウォレットに比べコールドウォレットの方が断然に安全性が高いと言えます。

オフライン情報に保存するのでハッキングなどのリスクを無くすことができます。

またウイルスにもホットウォレットより強いと言えます。

オフラインのため、「気がついたら勝手に送金されて資産を失っていた!!」ということが起きないからです。

ただし、パソコン自体ががウイルスに感染してしまうとコールドウォレット自体は大丈夫でもコールドウォレットからウイルスに感染したパソコンを使って送金や取引をする時などに盗まれてしまう可能性があるため注意が必要になります。

これには気をつけてくださいね。

デメリット

デメリットとしては取引する時に手間がかかるということです。

オフライン上にあるため、取引するためにはまず一度オンライン上に出して、そこから取引をして取引が終わったらまたオフライン上に戻すという流れになるため、ホットウォレットに比べて手間が増えてしまいます。

安全性が高い代わりに、取引などをする時に手間がかかると言った感じですね。

なので、長期目線で仮想通貨持っている方や預ける額が大きい方には適しています。

逆に取引を頻繁にする方や少額しか預けない方は適していないと言えます。

コールドウォレットの種類

コールドウォレットには大きく2種類に分けることができます。

  • ハードウォレット
  • ペーパーウォレット

です。

ハードウォレット

ハードウォレットではLedger Nano S、TREZORなどが有名でよく使われています。

Ledger Nano Sの詳しい記事はコチラ↓

【Ledger Nano S】一番安全なハードウォレットで自分の資産を守る方法

今仮想通貨の安全管理をしっかりやっている人は全員2つ以上は購入していると思います。

それくらいハードウォレットは現在仮想通貨の保管手段として安全とされています。→本人の管理方法がずさんだと100パーセント安全とは言えません。

【ハードウォレットの特徴】

  • ウォレットの秘密鍵を保管するため専用に開発された端末でオフラインで保管できるためセキュリティ面が優れている
  • PC に接続して使用しないと動かない
  • 端末の故障や紛失のリスクはあるがバックアップや暗証番号、リカバリーフェーズにて復元可能である
  • ハードウォレットによって保存できる仮想通貨の種類が決まっている(後にアップデートで対応できる仮想通貨が増加する可能性が高い)
  • PINコード暗証番号を忘れると中身を取り出せない

などですかね。

先ほども言ったとおり、現在の仮想通貨の保存方法で一番確かな方法はハードウォレットを使った保存になります。

しかしハードウォレットは品薄状態+値段がそこそこするので買わない方もいます。

ちなみにハードウォレットはUSB的なものと勘違いされ、ハードウォレットの中に仮想通貨が保存されていると思われがちですが、仮想通貨はハードウォレットの中に保存されていません。

保存されているのは、ウォレットを開けるための秘密鍵が入っています。

つまりハードウォレットとは、仮想通貨の入れ物ではなく、秘密鍵(秘密キー)の入れ物という認識でいてください。

これはペーパーウォレットにも言えます。

私的にはやっぱり取引所やオンラインウォレットに入れていて盗まれてしまっては嫌なのでハードウォレットで管理するべきだと考えています。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットとは、そのままの通り紙にプリントして秘密鍵とアドレス、それにQRコードを保存する方法になります。

ハードウォレットが最近人気なため使っている方はあまり見ない印象があります。→私も使ったことない

【ペーパーウォレットの特徴】

  • 紙にアドレスと秘密鍵を印刷することにより仮想通貨を保管
  • ハッキングの可能性は低い
  • 秘密鍵が読み取れなくなった場合や紙を紛失してしまった場合は紛失となる

ペーパーウォレットは紙に秘密鍵などを印刷することにより仮想通貨を保存する方法でハッキングなどには強いです。

ただ紙なので、文字が薄れて見えなくなったり紛失していしまう可能性もあります。

仮に紛失するともう仮想通貨を引き出すことは不可能となるため、ペーパーウォレットの管理には十分注意してください。

まとめ

  • コールドウォレットとはオフライン上でウォレットの秘密鍵(秘密キー)を保存するためハッキングなどに強い
  • 取引や送金の際には一度ホットウォレットに移動しなければいけないので取引が手間がかかる
  • ハードウォレットやペーパーウォレットはその本体に仮想通貨を保存しているわけではなく、そのウォレットの秘密鍵(秘密キー)を本体に保存している。

まとめるとこんな感じです。

仮想通貨の保存は面倒でもコールドウォレットにしておいて必要な時にホットウォレットに移して使うというのが最も安全な方法だと思います。

手間はかかりますが、安全第一でいきましょう。

基本的に仮想通貨はなくしてしまうと保証の対象にはならないので自分で管理を行うしかないんです。

自分の資産は自分でしっかり管理していきましょうね!

ハードウォレットはコインチェック(Coincheck)での盗難事件以降注文が多く品薄状態です。

一つは手元に置いておくことをおすすめしますよ。

おススメするハードウォレット購入はこちら↓
Ledger Nano S(レジャーナノエス)

上記のサイトはハードウォレットの正規サイトなので安心してください。

【Ledger Nano S】一番安全なハードウォレットで自分の資産を守る方法

こんにちは、2.5流です。

今日はですね、ちょっと最近パソコンにウイルスが入るなどで仮想通貨の管理にリスクを感じることが多いので、

自分が仮想通貨の資産を守るうえで大切にしていることを書いていきたいと思います。

ちなみにこの記事を一言でいえば、「いろいろ方法あるけどあるけど盗まれたくなかったら黙ってハードウォレットであるLedger Nano Sを買ってそれに保存しとけ!!」って話なので興味なければ・・・はい。

というわけで本題に入っていきます。

仮想通貨の現在ある一番安全な方法はハードウォレットに保存すること

現在、仮想通貨を保存する方法はいくつかあります。

  • 取引所の置きっぱなしにする
  • オンラインウォレット
  • ローカルウォレット
  • ハードウォレット

結論をから言えば間違いなくハードウォレットが一番安全だと断言できます。

ハードウォレットも完璧でなないですが、結局ハードウォレット以外は、ハッキング、ウイルスに突破されてしまう可能性があるので私の中ではほぼ一択です。

ハードウォレットはハードウォレット自体を盗まれてしまうという危険性があります。

私個人はハードウォレットが盗まれる確率よりハッキングやウイルスによる損失の確率の方が高いと考えているのでハードウォレットでの管理を決めました。

おススメのハードウォレットは?

おススメするハードウォレットはですね、、、、正直ハードウォレットなら何でもいいと思っています。

しかしまあ無責任なことは言えないのでとりあえずこの3つは大丈夫だと思います。

  • TREZOR(トレザー)
  • Ledger Nano (レジャーナノ)
  • KeepKey(キープキー)

この3社はハードウォレットで有名な企業なので、サポートなのがしっかりしていますし、日本の利用者も多くいます。

ちなみに私はLedger Nano S(レジャーナノエス)しか使っていない(他のは買ってない)のでLedger Nano S(レジャーナノエス)をおススメします。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)を買いたい方はコチラから↓


↑↑コチラの広告はLedger Nanの公式サイトになるので安心してどうぞ。

ハードウォレット購入の注意点

ハードウォレットを買うときは必ず公式サイトで購入するようにしてください。

私の失敗談なのですが私は初めてハードウォレットを買ったときAmazonでレジャーナノSを購入した過去があります。

なんか公式サイトから買うの面倒でAmazonなら簡単じゃん的なノリで。

そしたらなんか、パッケージ空いてたんですよね・・・

これやばいやつじゃんって思って返却したんですけど、これメルカリとかオークションとか(要は公式サイトでないところからの入手)でハードウォレット買った人が被害にあった人がたくさんいます。

パスワードが先に設定されていて、それを知らずにハードウォレットに入金したら、それのお金を奪われたとか

ウイルスに感染されていて奪われたとか。

ちなみにハードウォレットは(レジャーナノSの場合)ピンコードとリカバリーフレーズは自分で設定します。

もしくは自分で書き取ります。

元々書いて買ったりしたら、それは疑ってください。

そもそも、電子機器で誰かが先に開いた後があったらほとんどの場合ウイルス仕込まれてる何か設定されているかしかないですよね。

回りくどくなりましたがつまり、正規店(ハードウォレットの公式サイト)から購入しないと危険ですよって話です。

自分の資産を守るためなんですから、最善の注意を払って購入すべきです。

ちなみに下記のLedger Nano Sの広告はハードウォレットの公式サイトになるのでハードウォレット購入されたい方はコチラからどうぞ↓

レジャーナノSしか使っていなので私にはこれしかオススメできません。。

他のハードウォレットが欲しい方は、他の人の記事を参考にしてください。

  • TREZOR(トレザー)
  • Ledger Nano S(レジャーナノエス)
  • KeepKey(キープキー)

この3つ辺りから選べば間違いないはずです。

まとめ

仮想通貨の保存の仕方はいくつかあるが、一番安全な方法はハードウォレットを使うことで現状間違いなし。

ハードウォレットを買う場合は公式サイトから買わないと危険。

Amazonや楽天、メルカリなどで安く売っていても買わない方がいいです。

また現在ハードウォレットはコインチェックがハッキングを受けて以降人気で在庫切れをよく起こしています。

これから購入される方は早めの購入をおススメします。

Ledger Nano Sを公式サイトから購入する↓↓



稼ぐことを目標にしていますが、盗まれてしまっては全て終わってしまいます。

資産管理は最も大事なことなので妥協せずにやっていきましょう!