「ブログの書き方」タグアーカイブ

ブログを上手く書くコツ!初心者専用の書き方を紹介するよ!

どうも、2.5流です。

最近ですね、自分の記事のつまらなさに絶望して改めて記事の書き方を勉強した私です。

今もスマホで手に汗を握りながらポチポチこの記事を書いています。

「この記事がつまらない記事になったらどーしよーー!!!」

って叫びがら記事かいてるYO!

ですので今回は、ブログや文章を書くのが苦手な人がどうやったら、人に読まれる文章をかけるのかを書いていきます。

この記事を読めば、

  • ブログの書き方がわからない
  • つまらない文章になってしまう
  • 説明文みたいな文章をやめたい

などの悩みを解決できるので、是非読んでくださいね。

私もずっと文章が上手く書けなくて鬱になっていたので…。

自分を文中に登場させる!

あなたはブログを書く時、自分の事を記事の中にちゃんと登場させていますか?

これって意外と大事なことで、自分自身(筆者)を記事の中に入れないと、ただの情報だけが乗っているつまらない文章になります。

私もずっと自分のいない記事を書いていて、最近やっと記事の中に自分を入れることを意識しだしました。

「多分ね、文章には感情が入ってないとダメなんだよ!」

「あとあれ、あれだよ…俺氏の物事の捉え方方とか考え方とか、そういうものを記事の中で表現していくことが大事だと思うよ!」

こんな感じで自分が記事の中に存在するようにしましょう。

筆者の感情がない文章ってなんかつまんないですよね。

だから熱い気持ちをそのまま書いてしまうっ!!ってぐらいの感じでいきましょう!

【ポイント】

  • 自分の考え方をちゃんと書く
  • 自分の感情を文書にする

この2点を意図的に文章として入れることで、あなたの個性が出る記事が書けますよ!

「要チェックポイントだからね、ここ」

話し言葉を文章に組み込む

話し言葉を文章には組み込むことによって、文章に臨場感が生まれます。

少し例えて説明しましょう。

【例1】

昨日、コンビニ近くの交差点で信号が青にったので横断歩道を渡ろうとしたら横から車がいきなり信号無視して突っ込んできました。

運転手はもっと気をつけて運転手してほしいと思いました。

どうですか?

特に工夫もなく書いただけの文章です。

意味も理解できるし、文章からどんなシュチュエーションが想像もできると思います。

文章としては普通です。

でも、まったく面白くないですよね?

ではここで話し言葉を文章に組み込んでさっきの例1と同じ内容を文にしていきます。

例2

昨日、コンビニ近くの交差点で信号が青なって、あっ信号青になったから横断歩道を渡ろ〜って思って歩き出したら

「えっ嘘…」

横から車が信号無視して突っ込んできて

「っ!」

「あぶねー、本当にやばかった、気がついて戻らなかったら絶対にぶつかってた…マジなんなんあの車!!」

「あの運転手だけは絶対に許さねー」

と思いながら、他の運転手には本当に気をつけて車に乗ってほしいと心から思いました。

ど、どうでしょうか?

これで例1も例2も何も変わんねーじゃんって思われたらど、どーしようと思っている俺。

例1と例2では例2の方がリアリティを感じることができたのではないでしょうか?

このように、カッコ「」をつけて表現したり、セリフを入れたりすることによって文章に面白さや臨場感、リアリティなどが出てきます。

こういうちょっとした表現の違いが大きな差を生むと思っています。

これは結構使えるテクニックなので是非使ってくださいね!

伝えたいことは何かに例えて説明する

記事などで伝えたいことがある場合には必ず、何かに例えて説明するようにしましょう。

では例えて説明しますね笑

仮想通貨ってビットコイン以外にもたくさんあるんだよ!って説明したい場合。

仮想通貨=ビットコインと思っている人に

「仮想通貨ってビットコインの他にも、イーサリアムやライトコイン、リップルがあるんだよ!」

といきなり説明しても、チンプンカンプンですよね?もしくはわかりにくいですよね?

そういう時に例えて説明すると相手に伝わりやすくなります。

「あのね、仮想通貨ってたくさん種類あるんだよ。

ビットコインは、お金でいうとアメリカのドルみたいな感じなんだよ!

一番使われてるお金でドルと日本の円とかドルとユーロとか交換出来るでしょう?

仮想通貨でいうドルのポジションはビットコインなんだ。

だから一番有名で仮想通貨=ビットコインみたいなイメージがついてるんだよ。

でもビットコイン以外にももっとたくさんの仮想通貨があるんだよ。

お金だとヨーロッパのユーロとか中国の元とか日本の円とかが有名だよね。

仮想通貨にもユーロとか元とか円と同じような有名な仮想通貨があって、イーサリアムとかライトコインとかリップルとかって言うんだよ。

もちろん流通量がほとんどない仮想通貨もお金と同じで、ありますよ!」

つ、伝わりやすかったかな…もっとわかりやすい例えにした方が良かったかも…と不安な俺氏。

とまぁこんな感じで、例えて説明することによって分かりやすさをUPさせます。

例える時のポイントは、相手の頭の中にある知識の中から例えを選ぶことです。

相手の知らないことで例えても伝わらないですからね。

だから今回はビットコインの例えをドルとかユーロとか円とかに例えて説明しました。

まとめ

ブログを上手く書くコツは

  • 自分を文章中に登場させる
  • 話し言葉を文章に組み込む
  • 伝えたいことは何かに例えて説明する

です。

文章が上手く書けなくて悩んでいる方は多いと思います。

私も毎回、記事を読み返すとなんでこんな文章しかかけねーんだよって思うことも多いですが、本当に少しづつ良くなっている気がしています。

でも安心してください。

文章はちゃんと学んで、その学んだものを意図的使うとことによって誰でもそこそこに良い文章が書けるようになります。

私もまだまだなので人のことを言える立場ではありませんが、この記事に書かれている3点を意識してからだいぶマシな文章になったと思っています。

「文章はいくらでも上手くなれるんじゃ!だから諦めるなよ!!」

って感じで結びとさせていただきます。

どんどん記事を書きながらどんどん迷って、苦しんで記事をどんどん書いていきましょう!

それが、きっと成功するための一番の近道です。

【文章のテンプレート】文の構成と書き方を覚えてどんどん記事をUPしていきましょう。

どうも、2.5流です!

文章って本当に書くの難しいですよね。

私は未だに悩み続けて書いていますし、ブログを始めたばかりの人も、何をどんなふうに書けばいいのか悩んでしまう人は多いでしょう。

今回はそんな悩みを解決しようと思って誰でも記事が上手く書けるようなる文章の構成図、つまりテンプレートを1つ紹介します。

このテンプレートを横に置いて、見ながら文章を作れば、文章の構成や内容の順番などに惑わされることなくどんどん書き進んでいくことができます。

  • 記事を書くスピードが一気に加速する
  • 構造化された文章で読みやすい記事が書ける

という2つのメリットがあるので是非試してみてください。

最も読んでもらいやすいテンプレート

このテンプレート(文章構成)は最初の方に記事を読んだ時のメリット、またはベネフィットなどを書いて読者に

「これ読むと、こんなメリットがあるんだ〜、なら読もう!」という気持ちにさせる文章構成になっています。

ベネフィットとは、得をすると言う意味です。

文章構成は大体以下の通りです。

【文章構成】

  1. 導入文
  2. 主題の提示
  3. メリット・ベネフィット
  4. 自説(持論)
  5. 背景(そうなった経緯)
  6. 論拠(論理的な説明)
  7. 結論(つまりこうだ)
  8. メリット・ベネフィット

導入

導入部分は、その記事で伝えたい主題に入る前に、主題につながるような出来事やニュース、生活で思ったこと感じたことなどを伝えます。

読者を引き込み、読み始めの敷居を下げるようなイメージで書きましょう。

【例】

最近、 映画が見たいなーと思ってHuluなど調べてよかったら契約しようと思っていろいろ検索してしてたら、何やらツイッターでAmazonプライムビデオが熱い!という情報をキャッチしました。

詳しく調べてみると年間3900円で映画が見放題である事を知り、その場で申し込んでしまいました。

そしてAmazonプライム会員になって1ヶ月経ち、そのレビューをあなたにも知ってもらおうと思って、この記事を書きます。

結論をから言おう。

「Amazonプライムビデオ、パネェ…。」

こんなに感じですね。

上の例の主題は「Amazonプライムビデオ」についてです。

その主題に持っていくために、

「最近では映画にはまっています」

からスタートして、話しを膨らませAmazonプライムビデオにしていきました。

自然な流れで、主題の話題に入れるようにしましょう。

主題

主題とはそのままの意味で、その記事で伝えたいことを伝えます。

今私が書いているこの記事で説明すれば、主題となるのは、

「誰でも記事が上手く書けるようなる文章の構成図、つまりテンプレートを紹介します。」

です。

文章の構成図、テンプレートを教えますよ!って主題で伝えるようにしています。

これで読者には、

「あっこの記事は文章を書く時の構成について教えてくれる記事なんだな!」

と分かってもらえます。

メリット、ベネフィット

ここではこの記事を読むと、どんないいことがあるのか、どんな得があるのかについて説明していきます。

これをメリット、又はベネフィットなどと言います。

この文章を前半に書く事によって、読者にこの記事自体に興味を持ってもらえるようになります。

読者は、基本的に記事を熟読しません。

パッと冒頭のを見て、魅力を感じなければどんどん次に移ってしまいます。

そこを前半に得られるメリット、ベネフィットを書いて

「この記事読めばこんないい事あるんだ、なら読もう!」と思ってもらって熟読してもらうために、主題の後にすぐメリット、ベネフィットを入れています。

この記事で例えれば、

「このテンプレートを横に置いて、見ながら文章を作れば、文章の構成や内容の順番などに惑わされることなくどんどん書き進んでいくことができます。

  • 記事を書くスピードが一気に加速する
  • 構造化された文章で読みやすい記事が書ける

という2つのメリットがあるので是非試してみてください。」

の部分になります。

この部分を読者に読ませることができれば読者は

「読んどいた方が良さそうだな」

と思うため記事を読まれやすくなります。

私はよくこの文章構成を使いますが、やはりほかの文章構成より読まれているなと感じるのでおススメの文章構成です。

自説

自説とは自分の意見を言うことです。

  • あなたの考えはどうなのか
  • なんでこの記事を書く経緯に至ったのか

について書いていきます。

前章でメリットやベネフィットなどを提示しているので、それについて意見を言うなどするといいですね。

「〜を実践してみて私の意見をひと言で言うとこんなに効率的な書き方他にありませんよ!

とか

「テンプレートを使用して書くだけで、記事書くスピードが1.5倍になった&説得力のある文書が書けるようになったので、本当に一石二鳥でした。」

とか。

そしてこの自説の説明の最後は、「つまり〜ということも考えて、一番〇〇が良いと考えています。」と締めれるといいですね。

この記事で言えば、

「文章構成をしっかり考えて文章を書いた方が間違いなくいい記事が書けるので、この文章構成はよく呼んでマスターした方がいいよ。」

とか、

「この記事に書かれているテンプレートはすごくためになるから、あなたに絶対に必要だよ」

ってニュアンスで書くのが正解になります。

また、何か具体例を出して比較してもいいですね。

2つを比較して、結果的にやっぱりこっちの方がいいよと結論づけるのもありです。

背景

背景は自分がなんで、その道を歩んだのかについてです。

この記事で言えば、

なんで文章の構成のテンプレートなんてことを記事にしたのかな〜という話です。

自分の過去のエピソードなどを書くといいですね。

「私がこのように至った経緯は…」から始まり、

2年前にブログを立ち上げました。

100記事書いたけどまったく成果が出なくて、すごく悔しくて調べたら、文章構成で売り上げが一気に変わる記事のが書き方というのを知った。

その知ったことを、生かして記事を書きリライトしてたら利益が急に出るようになった!

そして最近さらに上手く利益が上がるようになったので、この方法をブロガーの皆さんにシェアしようと思って記事を書きました!

みたいな感じです。

自分がその記事の内容をやるとになった背景を説明しましょう。

論拠

なぜそうなるのかを論理的に説明します。

それによって読者を理解させて納得させることが目的です。

この記事で言えば過去100記事書いでも結果が出なかった。

出なかった原因を探った結果、文章の構成がぐちゃぐちゃで、読者が途中で離脱しているという原因を知った。

これは初心者にはありがちなパターンであり、改善する一番確かな方法は、確立されてある文章構成通りに書く事だと仮説を立てた。

そして今紹介している文章構成を知り、素直にら取り入れてから上手く行くようになった。

当たり前だが、文章構成がしっかりしていなくて、読みにくくて離脱ていたし読者が構成を変えた途端に記事を最後まで呼んでくれた事によって、報酬が発生するようになったと考えられる。

こう書けば読者も

「なるほど、確かにそうかもしれない。文章構成しっかり考えていなかったし、効果でるなら試してみようかな?」

と思うでしょう。

結論

ここで総まとめを言う。

ここは自説と同じような文書になってしまうと思うがそれでいいです。

この記事で伝えたいことを「まとめる」ようにしましょう。

〜だからこの記事で書いてあることをオススメしますよ!って感じで!

ただ自説と含めで2回似たような事を伝えるので、読者に

「くどい!」

と思われないように注意しましょう!

メリット・ベネフィット

最後にもう一度メリットベネフィットを伝えます。

最後にメリット、ベネフィットをもう一度最後に伝えることによって、これだけいいものがあると言う事を強く印象に残らせることができるからです。

メリット、ベネフィットの最後に終わりの言葉を書いて終わりとなります。

記事の書き方のまとめ

今回紹介した書き方は、読者が最後まで読み進めるために構成された戦略的文章構成になります。

この文章構成で書くことによって、今まで以上に読んでもらえる可能性が高くなります。

記事のテンプレートは他にもありますが、この書き方が一番読まれやすい書き方なのでぜひ利用してくださいね!

試しに書いてみて、他の記事との差を見比べてみてください!

ブログ頑張りましょうね!!