「Webウォレット」タグアーカイブ

ホットウォレットとは?便利性とセキュリティの危険性について

こんばんは、2.5流です。
今回の記事はコインチェックのハッキングで有名になった言葉であるホットウォレットについて説明していきます。

ホットウォレットと一緒にコールドウォレットも有名になりましたね。

コールドウォレットの記事はこちら↓

準備中

ホットウォレット、コールドウォレットは仮想通貨を扱う上では最低限の知識なので絶対に知っておいてくださいね。

仮想通貨を保有する上でのリスクに関わることなので。

何も知識がないとコインチェック(Coincheck)の件もそうですがハッキング被害にあったり、資産凍結により自分の資産を出せなくなってしまいます。

ホットウォレットとは

オンライン上にあるウォレットのことを指します。

オンライン上にあるウォレットのため、仮想通貨を取引する際にすぐ取引できるためとても便利です。

しかし反面でハッキングされてしまう可能性などがあるため、便利な反面セキュリティが低いと言えます。

コインチェック(Coincheck)のハッキング事件もホットウォレットがハッキングされています。

ホットウォレットの特徴

  • オンライン上で仮想通貨を管理することになる
  • 取引や送金などがすぐできる
  • ハッキングされる可能性がある
  • コールドウォレットに比べセキュリティが低い

基本的に長期的に持つ仮想通貨などはコールドウォレットに、頻繁に取引したり出金したりする分はホットウォレットで管理するのがおススメです。

ホットウォレットはハッキングされたり、取引所などの影響で資金が凍結される可能性があるため、あまり高額なものをそのままにしておくのは避けた方が良いと思います。

ホットウォレットのメリット

オンライン上にあるためいつでも手軽に仮想通貨を取引したり引き出したりすることができます。

コールドウォレットだと一度オンライン上(ホットウォレット)に移動してからでないと取引できないため手間がかかってしまいます。

この移動の時間間にも仮想通貨の相場は変動する可能性は充分にあるため流動性の観点で大きなメリットがあります。

ホットウォレットのデメリット

デメリットはオンライン上にあるため、ハッキングやウイルスなど不正アクセスによって仮想通貨や資産を取られてしまう可能性があることです。

ハッキングにあったコインチェックは取引所や決済・送金など、リアルタイムで行う必要があるサービスが多かったため、仮想通貨の利便性を損ねないため、ネムをホットウォレットで管理して運用していていました。

それがハッキングされて、別のウォレットへ送金されてしまいまったのが今回の事件です。

ホットウォレットのセキュリティ対策は事業者によってまちまちですが、普通ホットウォレットとコールドウォレットどちらも使い運用されることが多いです。

銀行口座と持ち歩く財布の違いのように、コールドウォレットで大半の仮想通貨を保管し、ホットウォレットにはごくわずかな割合だけを入れておく使い方が一般的な使い方です。

ホットウォレットの種類

  • Webウォレット
  • ソフトウェアウォレット
  • スマホウォレット

などがあります。

WebウォレットとはWeb上にあるウォレットでログインして使う形のウォレットになります。

セキュリティはひくいですね・・・

ソフトウェアウォレットは、デスクトップに上に保管するウォレットです。

Webウォレットよりは安全かな?って感じはしますがパソコンがウイルスとかに侵させる可能性もあるのでセキュリティが高いとはいえません。

スマホウォレットとはそのままスマホで使えるウォレットです。

スマホはいろんな用途で使っているのでセキュリティの低さがやばいですよね・・・

ってな感じで正直ホットウォレットのセキュリティは低いと言わざるを得ません。

つまり保存するとしても少額にしてください。

高額をオンラインウォレットに保存しているのは盗すんでくださいと言いているようなもの・・かも。

まとめ

ホットウォレットは使いやすいですし、便利性も良いのでどんどん活用すべきものだと思います。

私も使っていますし、少額は常に入れっぱなしにしています。

しかし、ハッキングの対象になりやすく盗まれるという事案が頻繁に起こっています。

大きな資産はできるだけコールドウォレットウォレットで保存するべきだと思います。

仮想通貨で爆益を生むためにはまずは自分のお金のをしっかり守るところから始めましょう!

仮想通貨で稼いでいきましょうね!!

安全性の高いコールドウォレットの記事はコチラです↓

準備中