時代の最先端をゆく

「LINE Payとは?」LINE Payの使い方を紹介するよ!あと感想も。

現在、日本で最も多く使われているメッセージアプリのLINEの機能に「LINE Pay」という機能があるのを知っていますか?

ずっと気になってはいたんですけど、なんだか面倒で今まで放置していましたが遂に最近登録して使って見ました!!

と、言うことでLINE Payに登録して使った感想とLINE Payの使い方についてをこの記事に書いていきます。

LINE Payとは?一体どんなの?

「LINE Pay」とはLINEのアプリだけで、簡単に友達にお金を送金したり受信したり、お店でQRコードを表示してお金を払ったりできる機能です。

LINEのアプリの中にウォレットを持つことができて、ウォレットにお金をチャージして使う場合に使う感じです。

簡単に言えば電子マネーとほとんど同じですね。

スマホ1台でお金の支払いなどができるためとても便利ですし、何より普段からよく使うLINEだからこそ、ちょっとした時にすぐ使えて便利です。

LINE Payのここがすごい!ここが便利!

LINE Payのすごいところは大きく2つあります。

LINEの友達にお金を簡単にすぐ送ることができる

LINE Payの一番の魅力はこの「LINEの友達にお金を簡単にすぐ送ることができる」ことでしょう。

ちょっとした時に友達から「お金貸して」って言われたり、「ちょっと借りていい?」ってお願いした後、

後で返したり返してもらうのってかなり面倒ですよね。

そんな時にLINE Payの登場です。

  1. LINEを起動してLINE Payを開く
  2. LINE Payでお金を借りた相手を選択する
  3. 借りた額を入力して「送金」をタップする
  4. 暗証番号を入力すると送金完了!

LINE Payでお金を借りた相手に、借りた金額を入力して「送金する」ボタンをタップするだけです。

それだけで30秒後には相手のLINE Payのウォレットにお金が届き借りた分を返すことができます。

「この機能がめちゃくちゃ便利なんですよね~」

「しかも送金する時に手数料が一切かからない!!」

ので気兼ねなくちょっとした少額でも送り合うことができます。

お礼や見舞に行きたいけど行けない時などに、いちいちオンラインショップで適当に何か見繕うのもありですが、

私の場合は面倒なのと友達に細かいこと気にする友達が少ないため、1000円とか送金して「お大事に」とか「今日ありがと」とかメッセージと一緒に送って終了です。

(この考えには個人差があると思うので私の場合として考えてください)

私は少額のお金の貸し借りはちょくちょくあるので、その返金や返済にはLINE Payがとても役に立っています。

まだ登録して20日も経っていませんがすでに4回くらいこの機能使いました。

また24時間いつでもお金の送金・受信ができるのでその点も便利です。

昔の人なら銀行口座に振り込んで渡すとかが辺り前で、手数料が高かったり銀行がやっている時間が短かったりで大変だったでしょうに・・・

フィンテック時代ですね~

フィンテックとは

Fintech(フィンテック)とはFinance(金融)とTechnology(技術)を組みわせた造語です。ITを活用した金融サービスのことを指します。

割り勘機能が付いている

LINE Payには割り勘する機能がついています。

「いきなり何を!!」って感じだとおもうので説明しますね。

例えばですね~4人でお寿司屋さんに行ったとしましょう。

みんなで美味しく食べて4人で7400円でした。

じゃあ会計しようか・・・

「あれ、おれおっきいお金しかないわ」

「あ、俺も・・・」

「一人何円?」

「ちょっと後でお金渡すから俺の分払ってもら手もいい?」

以下省略

結構こういう場面あったりしませんか??

私の場合結構な確率でこうなるんですけど、こいつを一発で解決してくれるのがこのLINE Payの割り勘機能です。

解決方法は簡単です。

とりあえず誰かが代表でお寿司代を7400円建て替えたとしましょう。

そしたら残り3人からお金を徴収しなきゃですけど、ぶっちゃけ面倒ですよね?

いちいち細かく計算するのも面倒だし、お金を崩すのも時間がかかります。

そこでLINE Payの割り勘機能を使います。

  1. LINE Payから今日食事に行ったメンバーをトークルームに招待する
  2. 「送金を依頼する、割り勘」と表示されるのでそこをタップしてお金の計算式をいれる
  3. 自動で計算され割り勘の金額とメッセージが自動で作られる
  4. 送信ボタンをタップすれば食事をした3人からLINEでお金を徴収することができる

LINE Payから今日食事に行ったメンバーをトークルームに招待します。

そしたら「送金を依頼する、割り勘」と表示されるのでそこをタップして、今日のお金の計算式をいれます。

今回の場合7400円÷4人なので7400÷4と入力するだけです。

すると1850円と自動で計算されます。

そして送信ボタンを押すと、食事をしたグループの3人にLINEで

「さくらももこ他2名(3名ってこと)に1850円の割り勘を依頼しました。」

というメッセージが送信されます。

後は友達がそのメッセージをクリックすると

1850円分送金しますか?と出るので「はい」を押すだけで、割り勘を請求した人に1850円がその人のLINE Payのウォレットから引かれて送金されます。

送金時間はなんと30秒くらいです!めちゃめちゃ早い!

LINE Payを利用していない人にはこの割り勘は請求することはできても、登録してもらわないとこの機能を利用してもらうことはできません。

2週間経過すると、時効となります。

この機能は人数が多い場合に最大の効果を発揮します。

大学のサークルと飲み会とか会社の飲み会とかですね~(みんなが登録してくれてないと使えませんが・・・)

さっきの例のように4人くらいなら、正直割り勘機能を使わなくても、一人1850円送って~ってグループにメッセージすれば、後はLINE Payで1850円を手動で送ってもらえるでしょう。

しかし、人数が多いと確認作業が大変ですよね。

あと一人払ってない人がいるけど、誰か分かりにくかったり。

割り勘機能であれば、払ってくれた人が簡単にわかるため、まだ払ってくれてない人のことがすぐわかります。

このように、グループで食事や遊びに行ったときの割り勘を簡単にしてくれる効果を持っています。

とりあえずその場は誰かが払って、あとは時間がある時にLINE Payの割り勘機能を使ってメッセージ送っておけば、自分のLINE Payのウォレットにお金が自動で徴収してもらえるわけです。

もちろんウォレットから出金することもできますよ。

お金はどうやってチャージするの?

LINE Payのお金のチャージ方法はたくさんあるんですけどとりあえず代表的な2つを紹介しますね。

  • 銀行口座からチャージする
  • コンビニでチャージする

ぶっちゃけ、コンビニでチャージする人はほどんどいないので事実一択かと・・・

銀行口座からチャージする場合

自分の銀行口座からLINE Payのウォレットにお金をチャージする方法はめちゃめちゃ簡単です。

もちろん手数料も取られませんよ!

なんと銀行口座からチャージするのにスマホ1台あればチャージできてしまうんです!

  1. LINEのアプリからLINE Payを開く
  2. 「チャージ」を選択して「銀行口座」を選択する
  3. チャージしたい金額を入力して「チャージ」をタップ
  4. 暗証番号を入力すればチャージ完了

LINE Payに登録する時に、最初に自分の口座を登録することになっています。

そのため自分の口座はすでにLINE Payに登録されているので、LINEのアプリからLINE Payを開いて「チャージ」を選択して自分の「銀行口座」を選択します。

あとは自分のチャージしたい金額を入力してチャージを押して暗証番号を入力すれば30秒以内にLINE Payのウォレットにお金があなたの登録してある口座からチャージされています。

このチャージは24時間対応しているため、その点でも優秀です。

コンビニで入金する場合

コンビニで入金する場合には、LINEのアプリからLINE Payを開いて「チャージ」を選択して「コンビニ」を選択します。

その後自分のチャージしたい金額を入力して「チャージ」をタップすれば受付番号と予約番号が表示されます。

そしたらスクショでもとってその番号をすぐ出せるようにしておきましょう。

その後コンビニへ行ってLoppiなどの端末に行き「番号をお持ちの方」の欄をタップして操作して最終的にレシートが発行されるので、それをレジに持っていきます。

それでチャージ完了になります。

正直面倒くさいので、ほとんどの人が銀行口座からチャージするでしょう。

LINE Payの安全性は大丈夫なの?

こういう便利な機能があると使いたくなる人は多いと思いますが、安全面がどうして気になりますよね。

私個人的には信頼していますが、完全に信用するのはまだ早いかなとも思います。

ただ、LINE Payも国際的なセキュリ認証を取得しているため、一定の信頼をもっていもいいでしょう。

LINE Payは、国際的なセキュリティ認証を取得しています。

LINE Payは、PCI DSSやISO/IEC 27001に準拠し、安全で信頼性の高いサービスを提供します。

出典:https://line.me/ja/pay(LINE Pay公式サイト)

ただ、ハッキングやスマホを落としたりする可能性もあるので、必要以上にLINE Payのウォレットにお金を入れておくべきではないと考えています。

まあぶっちゃけ大丈夫だとは思うんですけどね、絶対はないということで私は必要最低限のお金だけにしています。

LINEPayのその他

LINEPayには他にもたくさんの機能やお得な特典があったりするので、とりあえず箇条書きで書いておきます。

時間があったらまた記事にしますね。

  • LINE Pay対応のお店の特別優待がある場合がある
  • ウォレットレスで支払い可能
  • QRコードで支払いができる
  • バーコードで支払いができる
  • 家計簿アプリ連動できる
  • LINE Payカードがある

「LINE Payとは?」LINE Payに登録して使ってみたまとめ

私がLINE Payを使ってみた感想としては、

  • LINEの友達にお金を簡単にすぐ送ることができる
  • 割り勘機能が付いている

この2つの画期的さにホレましたね。

まあ割り勘機能は使うときが限られるかもしれませんが、LINEの友達にお金を簡単に遅れるのは便利ですね。本当に。

あまりお金の友達とお金のやり取りをしない方も多いと思いますけど、私は良く使うので・・。

多分、友達間のお金のやり取りは全部このLINE Payの機能でできてしまうので絶対に楽になりますし、このLINE Payは広まってくでしょう。

欠点としては、また決済できるお店やオンラインショップが少ない点ですかね。

今はまだLINE Payと提携しているサービス以外でLINE Payは使えないため、Amazonや楽天の商品をLINE Payで購入することはできません。

ここを早急に改善していくと一気に使いやすがUPすると考えています。

LINE Payは一般的になっていくと思うので今のうちに使っておくと、友達などから使い方教えて~とか言われるようになると思うのでぜひ、今のうちから使いこなしておきましょう!

時代の流れに置いていかれないように、自分をどんどんアップデートしていきましょう!

ABOUT ME
2.5流
どうも、2.5流のだいきです。 現在サラリーマンをしながら、ブロガーとして独立することを夢見て日々奮闘しています。 また仮想通貨に投資もしていて、2017年度に400万弱の利益をだして、一度0.1億り人になりました。 その後、無事暴落に巻き込まれ、-300万でぎり+100万まで減りました。 そのプラスもつかの間、税金で総額70万とられることになり、無事死亡。 トータル利益現在+20万くらいです。 夢は資産2億!! 将来の夢はアフィリエイトで月100万!! 夢ばかりを追って日々奮闘しています。 よろしくね!!