仮想通貨日記

マネックスがコインチェックの買収を検討しているとのこと

今日は2018年、4月3日です。

平成30年度が始まり、久しぶりに仮想通貨業界に大きな動きがありました。

マネックスがコインチェックを買収予定

タイトルで書いた通り、インターネット証券大手のマネックスグループが今日(3日)、コインチェックの買収を検討していると発表しました。

マネックスグループは数十億でコインチェックの買収を考えているらしいです。

コインチェックは、ハッキングによりネム(XEM)を盗まれてしまったことから金融庁から業務改善命令を受けていました。

マネックスの傘下に入るという事は、業務改善がなされるという期待が高まると予想します。

というか、マネックスの傘下に入るなら実際に業務改善はされるでしょう。

コインチェック社長は退任させられる

コインチェック創業者である和田晃一良社長と大塚雄介取締役は退任させられるとのこと。

代わりにマネックスから新たな取締役が来てコインチェックの体制を変えるとのこと。

マネックスの狙い

マネックスは平成30年1月に仮想通貨交換業に参入することを表明していました。

コインチェックは顧客が多く、日本ナンバーワンの取引所と言えます。

マネックスはこのコインチェックを傘下にすることで日本の仮想通貨交換業界で一気にトップクラスのシェアを誇るようになる可能性があります。

課題もたくさんある

とわいえ、コインチェックは金融庁の厳しい審査をクリアして登録業者とならないといけないため、課題が多く残されています。

特にコインチェックは、仮想通貨の扱っている種類も多いため金融庁の審査を通るのは時間がかかるのではないかと思われます。

このマネックスの動向から考察する

このマネックスの動向から、仮想通貨はやはりこれから大きく発展していく分野であることが分かると思います。

日本でもDMM、GMO、マネックスなどが仮想に参入して資金を投入していますし、

海外でもグーグルやフェイスブックブック、スターバッスク、LINEも仮想通貨事業に参入すると表明しています。

これは、仮想通貨がこれから大きく社会に広まっていくから、今のうちに全力で投資していることに他なりません。

 

少なくとも、上記の会社はそう考えてまだ仮想通貨事業を進めていると考えられます。

なので、きっと仮想通貨の価値が上がる瞬間がまた来ると考えています。

まとめ

このマネックスのコインチェック買収やその他の名だたる大企業の仮想通貨事業参入を目の当たりにして、

仮想通貨はもっと大きな市場になって、ビットコインも250万を超えて再びバブルと言われるようになると予想しています。

仮にビットコインが上がらなくても、仮想通貨の時価総額はどんどん増え続けていくと思います。

仮想通貨はまだまだこれからです。

今、仮想通貨投資で苦しい思いをしている人も、ここが踏ん張りどころです。

自分の信じる道をいきましょう!

ABOUT ME
2.5流
どうも、2.5流のだいきです。 現在サラリーマンをしながら、ブロガーとして独立することを夢見て日々奮闘しています。 また仮想通貨に投資もしていて、2017年度に400万弱の利益をだして、一度0.1億り人になりました。 その後、無事暴落に巻き込まれ、-300万でぎり+100万まで減りました。 そのプラスもつかの間、税金で総額70万とられることになり、無事死亡。 トータル利益現在+20万くらいです。 夢は資産2億!! 将来の夢はアフィリエイトで月100万!! 夢ばかりを追って日々奮闘しています。 よろしくね!!