時代の最先端をゆく

堀江貴文著【これからを稼ごう仮想通貨と未来のお金の話】の書評

遅れてしまったけれど、2018年6月30日発売の堀江貴文さん著の「これからを稼ごう 仮想通貨と未来のお金の話」を今(7月4日)読み終わったので書評と紹介をします。

【こんな方におすすめの本です】

  • これからの社会がどうなっていくのか知りたい方
  • 仮想通貨がこれからどうなっていくのか気になる方
  • 次の時代で大きく成功した方
  • 時代に取り残されたくない方
私が読んで感じた率直な感想

「佐藤航陽著の「お金2.0」、落合陽一&堀江貴文著の「10年後の仕事図鑑」との内容と大きな結論は似ているな~って感じました。」

多分この3冊の伝えたいことは同じなんでしょう。

今まさに社会の転換期に来ている。乗り遅れるな!次の社会のルールを知ってそれに乗れ!!って感じの本ですね。

これからを稼ごう 仮想通貨とお金の話の内容まとめをいきなりw

いきなりですけど「これからを稼ごう 仮想通貨とお金の話」の結論をざっくり紹介しますね。

私が個人的に頭に残っていることをまとめているだけなので、参考程度に考えてくださいね。

  • お金の価値はどんどん下がっていく
  • これからは価値主義になっていく
  • トークンエコノミー、シェアリングエコノミーの時代が来る
  • 仮想通貨はこれからどんどん世界に浸透していく(儲かる儲からないの話ではない)
  • 自分の信用を作ることが大事になる

これくらいですね。

では簡単に「これからを稼ごう 仮想通貨とお金の話」の内容を簡単に説明していきますね。

お金の価値はどんどん下がっていく

堀江貴文さんはこれから、お金の価値はどんどん下がっていくのではないかと考えていました。

その理由としては、「世界にお金が余っている」のが大きな要因で、今の社会って(日本ももろそうだけど)各国がお金擦りまくってますよね。

そしてその擦りまくった金がじゃぶじゃぶになって行き場をなくして大企業などの内部留保として溜まっている状況です。

「お金使おうとしても使い道がねー!!」って感じなんです。

だからお金の価値は下がっていくのではないかと予想しています。

逆に、個人の価値はお金と比べて相対的に上がっていくとも書いていました。

これからは価値主義になっていく

今までの社会はお金が最強の力を持っている「資本主義」の社会でしたが、これからは「価値主義」に変わっていくよ~と書いてありました。

価値主義とは

価値主義とは、資産などで表すことのできた資本主義とは違いSNSなどで有名な人などが持っている影響力や人気などのを「価値」としてとらえた新しい社会の形です。

簡単に言えばユーチューバー(YouTuber)みたいな存在が価値主義の象徴と言えますね。

これからこの流れはもっと進んで人気を集められる人が有利になるのではないかと書いていましたね。

「じゃあ、地味キャラはどうしたらいいの?」

・・・ってところは書いてありますが、これは読んだ人のために秘密にしておきますね。

トークンエコノミーの時代になる(仮想通貨は世界に浸透していく)

先ほど価値主義が広まると言いましたが、価値主義が広まることでトークンエコノミー(仮想通貨が世界に浸透していく)と書いてありました。

トークンエコノミーとは

トークンエコノミーとは、貨幣の代わりになる価値のある代替貨を発行してその貨幣で回る経済圏のことです。

価値主義とトークンエコノミーはとても相性がいいんです。

簡単に言ってしまえば、価値主義である程度人気になったらその人が独自のトークン(仮想通貨でトークンが作れる)を作って、その人気がある人専用の経済圏を作れるようになるって感じですね。

イメージできますかね・・・ガクトコイン知っている方は理解できたと思います。

ガクトコインとは俳優であるGACKTが発行したトークンですね。

正直、ガクトコインが何に使えるのかは分かりませんが、このように人気がある人専用のコインを作って、そのコインでファン同士でそのトークンを使って売り買いするなどの、日本円がいらない経済圏を作りだすことができます。

このガクトコインのような状況かこれからどんどん出てきた時、仮想通貨が使われて独自のトークン(代替通貨)が使われるだろうという予想を立てています。

自分の信用を作ることが大事になる

最後に、堀江貴文さんが一番伝えたかったことはおそらくこれ、

「自分の信用を作ることがこれから大事になる」

と書いてありました。

価値主義になると考えれば当たり前ともいえるでしょう。

そのため、いまからお金を稼ぐことを考えるよりも自分の信用を勝ち取って信頼を集めて人気者になることに力を注いだ方がいいよってことですね。

その他(書いてあって嬉しかったこと)

個人的にはい、イーサリアム(Ethereum)とリップル(ripple)の堀江貴文さんの意見が書かれていて良かったですね。

仮想通貨に投資している者として、先見の明を持っている堀江貴文さんの意見は参考にしたかったからです。

私と同じように気になる方は、ぜひここから購入して読んでくださいね♡

まあ、ちょっとだけ教えるとこれからイーサリアムやリップルの価値が上がる下がるなどの趣旨は書かれていませんでした。

堀江貴文著【これからを稼ごう仮想通貨と未来のお金の話】の書評のまとめ

堀江貴文著【これからを稼ごう仮想通貨と未来のお金の話】の書評のまとめると以下の通りです。

  • お金の価値はどんどん下がっていく
  • これからは価値主義になっていく
  • トークンエコノミー、シェアリングエコノミーの時代が来る
  • 仮想通貨はこれからどんどん世界に浸透していく(儲かる儲からないの話ではない)
  • 自分の信用を作ることが大事になる

という感じの話が書かれていました。

細かくはもっと具体的にたくさん書かれていますよ。

【この本はこんな方におすすめです】

  • これからの社会がどうなっていくのか知りたい方
  • 仮想通貨がこれからどうなっていくのか気になる方
  • 次の時代で大きく成功した方
  • 時代に取り残されたくない方

この堀江貴文さん著の【これからを稼ごう仮想通貨と未来のお金の話】を読んで、私も仮想通貨投資だけでなく、自分の信頼を高めること・人気がでるように工夫することを意識して生活し始めました。

とりあえず、SNSで上手くフォロワーを増やしたり、友達にごはん奢ったりのレベルからスタートしてます。

この本を読んで、次の時代でお互いに大きな成功をおさめられるように努力しましょうね!

あわせて読みたい
「10年後の仕事図鑑」を読んで書評・感想を書きます。著者、落合陽一・堀江貴文の10年後の仕事図鑑を全文読み終わりました~。 これはあなたに知ってもらうために「10年後の仕事図鑑」の書...
あわせて読みたい
「デジタルネイチャー 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂」落合陽一最新の著書が6月15日出版予定!今、日本で最も注目を集めている人物、落合陽一の最新著書「デジタルネイチャー」が2018年6月15日に発売されます!! そして現在A...
ABOUT ME
2.5流
どうも、2.5流のだいきです。 現在サラリーマンをしながら、ブロガーとして独立することを夢見て日々奮闘しています。 また仮想通貨に投資もしていて、2017年度に400万弱の利益をだして、一度0.1億り人になりました。 その後、無事暴落に巻き込まれ、-300万でぎり+100万まで減りました。 そのプラスもつかの間、税金で総額70万とられることになり、無事死亡。 トータル利益現在+20万くらいです。 夢は資産2億!! 将来の夢はアフィリエイトで月100万!! 夢ばかりを追って日々奮闘しています。 よろしくね!!